野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

運命に導かれた「幕張の安打製造機」が挑む、元祖「安打製造機」の記録更新

あと38安打と迫っている通算2000本安打の記録へと注目が集中する福浦和也内野手だが、もう一つ偉大な記録を樹立しようとしている。出場試合の球団記録更新である。これまでチーム歴代1位は榎本喜八氏の2161試合。現在、福浦は2152試合出場。あと9試合で並び、10試合で長らく超えることのなかった球団記録が更新されることになる。

ロッテ・福浦和也【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
ロッテ・福浦和也【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

2000安打に「38」と迫るロッテ福浦、目前に迫るもう一つの偉大な記録

 あと38安打と迫っている通算2000本安打の記録へと注目が集中する福浦和也内野手だが、もう一つ偉大な記録を樹立しようとしている。出場試合の球団記録更新である。これまでチーム歴代1位は榎本喜八氏の2161試合。現在、福浦は2152試合出場。あと9試合で並び、10試合で長らく超えることのなかった球団記録が更新されることになる。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

「え、そうなの? それは知らなかった。すごいことだけど、それはやばいね。しかし、オレはピッチャーで入ってきた選手だからね。それも2軍でも1試合も投げていない。そんな自分が球団の偉大な記録に近づいているなんて夢にも思っていないよね」

 沖縄県石垣島で25年目の春季キャンプを送っている福浦は、そう言って昔を懐かしんだ。1993年のドラフト7位で、投手として入団。プロの指名がなければ大学ではなく、社会人チームで野球を続ける進路を考えていた。それでも地元球団から指名を受けて背番号「70」を背負った。1994年、鹿児島県湯之元で行われた2軍キャンプ。ブルペンでは捕手を座らせることなく、立ち投げだけで1か月が終わった。それはシーズンに入っても続いた。

 結局、捕手を座らせたことも記憶にないまま、2軍で1試合も登板をせずに打者転向が決まった。高校時代は最速142キロ程度。球種はカーブにフォーク。ストレートとカーブのコンビネーションを基本に打者を打ち取るスタイルだった若者はあっさりと失格の烙印が押された。

「これは無理だなと思った。3年でクビだなって。たぶん周囲もみんなそう思っていたと思うよ。そんな出場試合球団記録に迫るなんて誰も思っていない。もちろん自分もね」

 若者にとっての淡い挫折は実は栄光への第一歩だった。人生はどう転ぶか分からない。高校時代の公式戦では2年夏の4回戦(学館技術戦、秋津球場)でしか本塁打を放ったことがない福浦に、2軍首脳陣は打者としてのセンスを感じた。だから1年目のオールスター明けに打者としての挑戦が始まった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」