野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

強打と機動力、童顔に似合わぬ豪快スイング…日ハム谷口は復活なるか

182センチ80キロ超の大きな身体から繰り出される鋭いスイングと、母校の大先輩になぞらえて「イチロー2世」と呼ばれた俊足。スケールの大きい北の「走れるスラッガー」候補にとって、2017年は苦難の年となった。

日本ハム・谷口雄也【写真:編集部】
日本ハム・谷口雄也【写真:編集部】

高校時代は「イチロー2世」、昨季は右膝前十字靭帯損傷で…

 182センチ80キロ超の大きな身体から繰り出される鋭いスイングと、母校の大先輩になぞらえて「イチロー2世」と呼ばれた俊足。スケールの大きい北の「走れるスラッガー」候補にとって、2017年は苦難の年となった。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 日本ハム戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 北海道日本ハムの谷口雄也外野手が右ひざの大けがを乗り越え、春季キャンプで1軍帯同を果たした。復活、そして本格ブレイクに向けて、現在その歩みを進めている最中だ。

 愛工大名電高校から2010年のドラフト5位で北海道日本ハムに入団した谷口は、早いうちにファームで存在感を発揮し、4年目の2014年から一軍での出場機会を増やしていく。

 2016年には、自己最多の83試合に出場して打率.254をマークし、7回盗塁を決めて失敗は0という脚力でもチームに貢献。球団新記録となる夏場の15連勝にも少なからず寄与し、日本シリーズでも5試合に出場するなど、多くの経験を積むシーズンとした。

 翌2017年は当然、さらなる飛躍が期待されたが、春季キャンプ中に右ひざの接触性皮膚炎によって離脱。その後、右膝前十字靭帯損傷と診断され、靭帯再建手術に踏み切った場合は、開幕前の時点でシーズンを丸々欠場することが決まってしまう事態となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」