野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス上林、2年連続チーム実戦第1号 父親に贈るバースデー弾に

より一層、逞しくなってシーズンを迎えそうだ。ソフトバンクの上林誠知外野手がさらに進化した証を早速見せてくれた。

紅白戦で豪快な本塁打を放ったソフトバンク・上林誠知【写真:(C)PLM】
紅白戦で豪快な本塁打を放ったソフトバンク・上林誠知【写真:(C)PLM】

18日の紅白戦で笠原から一発、「何となく打てると思っていた」

 より一層、逞しくなってシーズンを迎えそうだ。ソフトバンクの上林誠知外野手がさらに進化した証を早速見せてくれた。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 宮崎キャンプ第4クール最終日の18日。この日は前日17日に続き、このキャンプで2度目の紅白戦が行われ、ここで上林はチームの実戦第1号本塁打を放った。後攻の白組で「5番・右翼」で出場すると、5回にその一発は飛び出した。紅組の3番手、笠原大芽が投じた2球目のスライダーを捉えると、快音を残した打球は右翼スタンドへと消えていった。

「初球がスライダーで、2球目も来るかなと思って打ったら、打てたので良かったです」。まだ紅白戦の段階での一発だけに大きな満足感があるわけではない。昨春のキャンプでもチーム1号を放っており、2年連続の一発に「何となく打てると思っていたんですよね」。2月18日は父親の誕生日。バースデープレゼントとなり「あとでLINEしときます」と、ちょっとだけ顔を綻ばせた。

 昨季、ブレークを果たした22歳。初めて開幕スタメンに名を連ね、134試合に出場。シーズン終盤に調子を落としたが、それでも13本塁打を放ち、打率.260の成績。実質レギュラー1年目で十二分な成績だったが、クライマックスシリーズ突破の瞬間をベンチ外で迎えて涙を流し、日本シリーズでも満足に出場機会は与えてもらえなかった。充実感よりも、悔しさが残る1年となった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」