野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

若手中心メンバーでドラ4菅野が存在感 ロッテ実戦で見えた収穫

18日に石垣市中央運動公園野球場で行われた「アジアゲートウェイ交流戦パワーシリーズ2018 in石垣島」、千葉ロッテマリーンズ-台湾ラミゴモンキーズ戦の第2戦。前日17日はこの時期の石垣島としてはやや肌寒い20度だったが、この日は25度を超し、汗ばむ陽気となった。

交流試合で2安打の活躍を見せたロッテ・菅野剛士【写真:広尾晃】
交流試合で2安打の活躍を見せたロッテ・菅野剛士【写真:広尾晃】

ラミゴモンキーズに連勝したロッテ

 18日に石垣市中央運動公園野球場で行われた「アジアゲートウェイ交流戦パワーシリーズ2018 in石垣島」、千葉ロッテマリーンズ-台湾ラミゴモンキーズ戦の第2戦。前日17日はこの時期の石垣島としてはやや肌寒い20度だったが、この日は25度を超し、汗ばむ陽気となった。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 午前中のキャンプメニューも順調に消化。早くも9時半過ぎにはブルペンで投手がミットに快音を響かせた。また、メイングランドとサブグランドでは、主力打者が2班に分かれて打撃練習を実施した。通常なら10時半ころから始まるこうした練習が、どこよりも早くできるのが千葉ロッテキャンプの長所だろう。

 10時過ぎには球場には行列ができていた。小さな南の島は熱気にあふれていた。

 井口資仁新監督は、この日も若手中心の起用。1番遊撃に3年目の平沢大河、2番右翼にドラフト4位のルーキー菅野剛士、4番三塁で前日に続きドラフト1位ルーキーの安田尚憲、5番一塁に井上晴也、6番二塁に中村奨吾と、今季、飛躍が期待される若手が顔を並べた。

 なお、この日の捕手は田村龍弘がキャンプの集合時間に遅刻して2軍行きを命じられたこともあり、柿沼友哉が9番でマスクをかぶった。

 先発は、これもドラフト5位ルーキーの渡邉啓太。NTT東日本から入団した右腕は即戦力の期待がかかる中、この日はラミゴ打線を相手に2回を投げ、2安打を許したものの無失点に抑えた。右のオーバースロー、速球が決まり、三振も2つ奪った。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」