野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

平野佳寿ら擁する救援陣は「かなり盤石」「いい年になる」Dバックス社長インタ

メジャー各球団がスプリングトレーニングを開始する中、ダイヤモンドバックスもキャンプイン。昨季ワイルドカードでプレーオフに駒を進めたチームはオリックスから海外FA権を行使した平野佳寿投手を獲得しており、日本のファンからも一層注目を浴びる年となりそうだ。このほど同球団のデリック・ホール球団社長に単独インタビューを実施。今季にかける思い、新加入の平野への期待などについて語ってもらった。

単独インタビューに応じたダイヤモンドバックスのデリック・ホール球団社長【写真:盆子原浩二】
単独インタビューに応じたダイヤモンドバックスのデリック・ホール球団社長【写真:盆子原浩二】

ダイヤモンドバックス・ホール球団社長に単独インタ

 メジャー各球団がスプリングトレーニングを開始する中、ダイヤモンドバックスもキャンプイン。昨季ワイルドカードでプレーオフに駒を進めたチームはオリックスから海外FA権を行使した平野佳寿投手を獲得しており、日本のファンからも一層注目を浴びる年となりそうだ。このほど同球団のデリック・ホール球団社長に単独インタビューを実施。今季にかける思い、新加入の平野への期待などについて語ってもらった。

――2017年はダイヤモンドバックスにとっていい年でしたが。

「2016年からとてもいいチームとなり、かなり期待していたけど、ケガや不運が重なって残念な結果になった。去年はより理想に近いチームとして機能していたよ」

――今シーズンの抱負は?

「今年はかなり期待している。ヒラノが加わったこと。それと、ブルペンにアーチー・ブラッドリーが加わり、ブラッド・ボークスバーガー、そしてヨシ(ヒラノ)とかなり盤石だと言える。先発陣もリーグを見渡してもかなり高いレベルだね。いい年になると思うよ」

――打撃面では?

「こちらもかなりいいと言える。ポジションで見ても、ゴールドシュミット、ラム、アビラ、ポロックといい選手が揃っているし、二遊間は層も厚い。かなり強力なものだと思ってるよ」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」