野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

松坂大輔効果で“変化”!? ドアラも健在、ファン倍増の中日キャンプ

中日ドラゴンズは1980年代は宮崎県串間市でキャンプをしていたが、1軍は1996年から北谷(ちゃたん)町、北谷公園野球場を春季キャンプ地としている。

中日キャンプは松坂大輔効果で”変化”【写真:荒川祐史】
中日キャンプは松坂大輔効果で”変化”【写真:荒川祐史】

「松坂大輔選手のおかげ」、場内では「99」をつけるファンが多数

 中日ドラゴンズは1980年代は宮崎県串間市でキャンプをしていたが、1軍は1996年から北谷(ちゃたん)町、北谷公園野球場を春季キャンプ地としている。

【PR】「DAZN」なら中日戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 北谷町は、沖縄本島の東海岸、DeNAのキャンプ地、宜野湾市の北隣の自治体だ。北谷町には米軍嘉手納基地があり、米軍兵士や軍属なども多い。そういう特性を生かし、ベイエリアにはアメリカンビレッジというショッピングモールが作られている。中日のキャンプ場は、アメリカンビレッジに隣接し、一体感がある。ファンもキャンプを訪れる前後に、リゾートショッピングを楽しむことも多い。

 キャンプ地でまず、ファンの目に飛び込んでくるのは左手のサブグランド。ここでは、投手、野手がノックを受ける。ネット以外には遮るものがない。選手たちが球を追って右に左に動くさまを目の前で見ることができる。正面はメイングランド、メイングランドの三塁側にはブルペンがある。

 今年の中日キャンプでは、ちょっとした異変が起こっている。

 中日ドラゴンズのキャンプを支えている中日ドラゴンズ北谷町協力会のスタッフは「ファンの数が倍増した」という。もちろん「松坂大輔選手のおかげですね」ということだ。球団グッズの売り上げも「99」の松坂のレプリカユニフォームが一番。場内でも「99」をつけて歩くファンの姿を数多く目にする。

 もちろん、ドアラも健在。多くのファンにサイン、記念写真をしながらちゃっかり「カレンダー2000円」を売り込むのも忘れなかった。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬