野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

外国人選手の枠を越えて親しまれた右腕 西武に帰ってきた“台湾の星”

彼は12年間にわたってひとつのチームで投げ続け、いつしか「外国人選手」の枠を超えた存在となった。許銘傑氏が2018年から2軍投手コーチとして古巣・埼玉西武に復帰する。埼玉西武で263試合に登板した功労者は、再びチームに貢献するべく意気込んでいる。

2軍投手コーチとして西武に復帰する許銘傑氏【写真:(C)PLM】
2軍投手コーチとして西武に復帰する許銘傑氏【写真:(C)PLM】

2軍投手コーチとして古巣復帰を果たした許銘傑氏

 彼は12年間にわたってひとつのチームで投げ続け、いつしか「外国人選手」の枠を超えた存在となった。許銘傑氏が2018年から2軍投手コーチとして古巣・埼玉西武に復帰する。埼玉西武で263試合に登板した功労者は、再びチームに貢献するべく意気込んでいる。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 チャイニーズタイペイ代表としても活躍した許氏は、2000年に来日して西武(現・埼玉西武)に入団。2年目の2001年には11勝(6敗)を挙げて防御率3.47という好成績を収めると、翌年もその右腕でリーグ優勝に貢献し、台湾の星として確かな存在感を示していた。

 その後は不振に苦しんだが、先発と中継ぎをこなしながら登板を重ね、12年間にわたって献身的にチームの穴を埋め続けた。お立ち台では流ちょうな日本語も操り、いつしか「外国人選手」の枠を超えた存在になっていく。

 とりわけ、登録名を「ミンチェ」に変更して迎えた2011年は再ブレイクの年に。49試合で6勝2敗1セーブ22ホールド、防御率1.98という素晴らしい安定感を見せ、セットアッパーの新境地を開拓する。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」