野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

スポーツビジネスの貴重な事例に? 楽天、球団4度目の黒字達成の舞台裏

楽天イーグルスが2005年、13年、14年に続く4度目となる球団経営の黒字化に成功した。17年は過去最多の177万人の観客動員を記録。もたらされた総売上はやはり過去最高の139億円に達し、総支出の138億円を上回った。売上の139億円はチームが創設された05年の74億円の倍に迫る額だった(※13年は120億円、14年は135億円)。

4度目となる球団経営の黒字化に成功した楽天【写真提供:東北楽天ゴールデンイーグルス】
4度目となる球団経営の黒字化に成功した楽天【写真提供:東北楽天ゴールデンイーグルス】

これまでよりも難しい条件下で黒字を達成した楽天

 楽天イーグルスが2005年、13年、14年に続く4度目となる球団経営の黒字化に成功した。17年は過去最多の177万人の観客動員を記録。もたらされた総売上はやはり過去最高の139億円に達し、総支出の138億円を上回った。売上の139億円はチームが創設された05年の74億円の倍に迫る額だった(※13年は120億円、14年は135億円)。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 球団経営は、選手年俸や職員の給与、球場使用料、新たな施設の取得や改修などに要した費用を使用可能年数に合わせ配分した減価償却費などの支出と、入場料やスポンサー収入、グッズ販売、球場内飲食、試合の放映権販売などの売上のバランスをとる形で行われる。

 楽天は過去にも3度黒字を達成しているが、創設初年度だった05年は設備投資にかかる費用がほぼ生じていなかった。日本一となった13年はクライマックスシリーズ、日本シリーズとポストシーズンの主催試合による収入が発生。14年は田中将大(現ヤンキース)のポスティング移籍に伴う譲渡金収入が生じていた。

 それに対し17年は、14年から16年にかけて大規模に行った球場改修(スタンド増設、観覧車の設置、スコアボードビジョンシステムのリニューアル、天然芝化、2軍施設の増強など)に費やした総額80億円に及ぶ費用の減価償却費(10億円)を支出として計上した上での黒字となる。また売上の見込めるポストシーズンの主催試合や移籍金収入もなかった。過去3度よりも厳しい条件を乗り越えて達成した、価値ある黒字ということができる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」