野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ドラ1鈴木も驚いた「凄いボール」 中日の最速151キロ18歳右腕は期待大

松坂大輔投手の加入により、大きな注目を浴びている中日ドラゴンズの沖縄・北谷キャンプ。連日、多くの報道陣がキャンプ地に集まり、見学に来るファンの数も例年より遥かに多くなったといわれている。“松坂効果”は、キャンプ地にも大きなメリットを生み出したと言えるだろう。その北谷キャンプ。第3クール2日目の15日に初々しさを感じさせながら、先輩投手陣と練習に励む、まだあどけなさの残る3人の投手の姿があった。ドラフト2位の石川翔(青藍泰斗高)、同4位の清水達也投手(花咲徳栄高)、同6位の山本拓実投手(市立西宮高)である。

中日のドラフト2位、石川翔【写真:福谷佑介】
中日のドラフト2位、石川翔【写真:福谷佑介】

沖縄キャンプ第3クール2日目の15日から1軍キャンプに参加したドラフト2位の石川翔投手

 松坂大輔投手の加入により、大きな注目を浴びている中日ドラゴンズの沖縄・北谷キャンプ。連日、多くの報道陣がキャンプ地に集まり、見学に来るファンの数も例年より遥かに多くなったといわれている。“松坂効果”は、キャンプ地にも大きなメリットを生み出したと言えるだろう。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 その北谷キャンプ。第3クール2日目の15日に初々しさを感じさせながら、先輩投手陣と練習に励む、まだあどけなさの残る3人の投手の姿があった。ドラフト2位の石川翔(青藍泰斗高)、同4位の清水達也投手(花咲徳栄高)、同6位の山本拓実投手(市立西宮高)である。

 2軍の読谷キャンプでプロ1年目のキャンプ生活を行なっていた3人だが、森繁和監督をはじめ、1軍首脳陣が3投手の投球をチェックするため、この日から数日間に渡って1軍のキャンプに参加。早速、他の1軍の投手たちに混ざってブルペンでの投球練習を行い、それぞれが今持ちうる力を存分にアピールした。

 その中でも一段と目を引いたのは、ドラフト2位の石川翔のボールだった。

 昨年のドラフトでは、甲子園出場経験はないにも関わらず、高校生ナンバーワン投手との呼び声高く、1位候補の1人とも目されていた。結果的には2位だったが、1位で即戦力右腕の鈴木博志投手を獲得した中日にとって、2位でこの右腕を指名出来たのは幸運だったと言えるだろう。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」