野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

松坂復活へ期待ジワリ 好投に見る37歳右腕の“本当の武器”

期待が膨らんできた。ひょっとすれば、ひょっとするのでは……。本当に復活出来るのではないのか。そんな想いが、ジワジワと沸いてきた。

中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】
中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】

新天地・中日で期待高まる松坂大輔、150キロ超の剛球なしでも復活可能か

 期待が膨らんできた。ひょっとすれば、ひょっとするのでは……。本当に復活出来るのではないのか。そんな想いが、ジワジワと沸いてきた。 

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 2月26日。沖縄の北谷公園野球場で行われた中日と、韓国ハンファとの練習試合で2番手としてマウンドに上がったのは、キャンプインから注目を浴びてきた松坂大輔投手だった。3年間故障に泣かされた右肩の状態を考慮し、キャンプインから100球を超える投げ込みは一切行わず、慎重に慎重を重ねて調整を続けてきた右腕が、ついに実戦の舞台に立った。 

 結果はすでに報じられているが、先頭打者を切れ味鋭いスライダーで空振り三振を奪うと、次打者は1ボール2ストライクと追い込み、外角低めへの真っ直ぐで見逃し三振。最後は内角への真っ直ぐで完全に詰まらせ、遊飛に打ち取った。1イニングを投げてパーフェクト投球。2つの三振を奪い、ストレートは最速143キロを記録したという。 

 松坂の現時点でのスタイルが発揮された投球だった。松坂といえば、150キロを超える豪速球で相手をねじ伏せる姿のイメージが強く、どうしてもその姿を投影してしまいがちだ。ただ、その松坂と、今の松坂は違う。右肘のトミー・ジョン手術を受け、右肩の大きな手術も受けた。そして37歳となった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」