野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「こんなことは初めて」―もがき苦しむ世代最高の左腕、2016年燕ドラ1の今

高校時代は他を寄せ付けない世代トップクラスの左腕として足跡を残したヤクルトの寺島成輝投手が、プロの世界に入ってからもがき苦しんでいる。

ヤクルト・寺島成輝【写真:荒川祐史】
ヤクルト・寺島成輝【写真:荒川祐史】

2016年のドラ1寺島、キャンプ中の紅白戦で炎上「頭の中が真っ白に」

 高校時代は他を寄せ付けない世代トップクラスの左腕として足跡を残したヤクルトの寺島成輝投手が、プロの世界に入ってからもがき苦しんでいる。ルーキーだった昨季のキャンプでは1軍スタートを切るも、半ばに左内転筋筋膜症を発症。肘痛などもあり、以降は実戦マウンドから遠ざかった。8月に2軍戦に初登板し、9月には1軍のマウンドを経験したものの、3回5失点で降板。シーズンオフには台湾でのウインターリーグに参加して技を磨き、満を持して2年目のシーズンを迎えた。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 今季のキャンプでは順調に調整を続けていると思われたが、9日の紅白戦では2回途中までに6点を失い、予定より早く降板した。

 その日から約10日が経過したキャンプ第4クール初日。当時のことについて尋ねると、悔しさをにじませながら寺島が口を開いた。

「あの時は……マウンドを降りてからも頭の中が真っ白で。野球をやってきて、迷ってしまう時期はどこかで来るんだろうけれど、こういう時にどれだけ修正できるかだと思いました。今まではストライクが入らないと思ったら、少し修正をすれば何とかなっていました。良いイメージを浮かべて調整していったら……。でも、今はどれだけ必死に腕を振ろうとしてもなかなか振れないんです。こんなことは初めてです」

 プロに入って体が大きくなったことで、これまでのような体の使い方では通用しなくなる場合がある、と言う者もいる。確かにそうだ。筋肉のつき方が変わると、それぞれの部位にかかる負担も変わる。これまでは抑えられていたフォームでも、“肉体改造”の仕方次第では抑えがきかなくなることもある。それに気づいた寺島は、以降何度も何度もフォームを確認した。そんな中、ある“こだわり”も口にする。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」