野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • MLBで驚愕プレー連発の遊撃手に直撃「生来の強肩なんですか?」その答えは…

MLBで驚愕プレー連発の遊撃手に直撃「生来の強肩なんですか?」その答えは…

メジャー屈指の遊撃手といったら、誰の名前が思い浮かぶだろうか。コレア、リンドア、シーガーらと共に“ベスト”の1人に数えられるのが、エンゼルスの正遊撃手アンドレルトン・シモンズだろう。オランダ代表でも常連の28歳は、二塁ベース後方へのダイビングキャッチ、三遊間深くからのジャンピングスロー、投手後ろからの素手キャッチ→スローなど、アクロバティックで華麗な守備を、いとも簡単に成し遂げてしまう。中でも、一塁やホームを目掛けた矢のような送球は、文字通り“驚愕”ものだ。

エンゼルスのアンドレルトン・シモンズ【写真:西山和明】
エンゼルスのアンドレルトン・シモンズ【写真:西山和明】

驚愕プレー連発するオランダ代表シモンズ、背景にあるものとは…

 メジャー屈指の遊撃手といったら、誰の名前が思い浮かぶだろうか。コレア、リンドア、シーガーらと共に“ベスト”の1人に数えられるのが、エンゼルスの正遊撃手アンドレルトン・シモンズだろう。オランダ代表でも常連の28歳は、二塁ベース後方へのダイビングキャッチ、三遊間深くからのジャンピングスロー、投手後ろからの素手キャッチ→スローなど、アクロバティックで華麗な守備を、いとも簡単に成し遂げてしまう。中でも、一塁やホームを目掛けた矢のような送球は、文字通り“驚愕”ものだ。 

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 そこで沸いてきた素朴な疑問が1つ。生まれつきの強肩なのか、練習で培った技なのか。米アリゾナ州テンピにあるエンゼルスのキャンプ施設で、開幕に向けて調整を続けるシモンズに、直撃質問をしてみた。 

――驚愕のディフェンスを連発させますが、生来の強肩なんですか? 

「(笑)、そう言ってもらえてうれしいね。肩は平均より強い方だとは思うけど、決して強肩だって誇れるレベルじゃないと思っているんだ。もちろんショートなら肩が強いに越したことはないし、運動神経がよければ守備範囲は広がる。でも、それが全てだとは思わないね」 

――ということは、たくさん練習も積んだ? 

「そりゃもちろん! 子供の頃からビックリするくらい練習したよ。身体能力があるだけでもダメ。まったく同じ打球は2度と飛んでこないから、できる限りたくさんの打球に触れて、いろいろな状況を経験しておくことが大事。自分の中に引き出しを増やしておけば、打球が飛んできた瞬間に体が自然と反応するようになるから」 

――体が自然に反応すれば、それだけプレーを完成させる時間が短くなる……。 

「そう、大体この辺に飛んできて、こういうバウンドになるというのが予測できれば、スムーズなプレーにつながる。ジャンピングスローだって、いきなりできるわけじゃない。何度も繰り返しやってきたから、大体このくらいで投げれば一塁にストライク送球できるっていうのが、体に染みついているんだ。もちろん、打球がイレギュラーする場合もあるから、その時は咄嗟の判断が必要になるけど、大体のケースは頭で意識する前に体が動いていることが多いね」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」