野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「非常に大事」だった「9番・田中」 侍ジャパン稲葉監督の打順の狙いは?

2020年の東京五輪への第1歩を力強く踏み出した。3日、ナゴヤドームで行われた「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018 日本vsオーストラリア」。初めて制限のない“フル代表”として集まった野球日本代表「侍ジャパン」は2-0でオーストラリアを下し、まずは船出の初戦を勝利で飾った。

侍ジャパンの9番を務めた田中広輔【写真:Getty Images】
侍ジャパンの9番を務めた田中広輔【写真:Getty Images】

1番打者に秋山翔吾、田中広輔のどちらを置くか「非常に悩んだ」

 2020年の東京五輪への第1歩を力強く踏み出した。3日、ナゴヤドームで行われた「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018 日本vsオーストラリア」。初めて制限のない“フル代表”として集まった野球日本代表「侍ジャパン」は2-0でオーストラリアを下し、まずは船出の初戦を勝利で飾った。

「プレミア12」に挑む侍ジャパンのメンバー決定、山崎武司氏は鈴木誠也に期待「4番候補」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 先発の千賀滉大から6投手による完封リレーでの逃げ切り勝ち。チームに大きな得点をもたらしたのは、稲葉篤紀監督が選び抜いた上位打線の面々だった。6回、先頭の秋山翔吾(西武)が粘りに粘った末に13球目で四球を選んで出塁。菊池涼介(広島)が送って1死二塁となると、柳田悠岐(ソフトバンク)の中前適時打、筒香嘉智の適時二塁打と連続タイムリーで2点をあげた。

「秋山選手を1番にして、とにかく出塁してクリーンアップに回す。柳田選手、筒香選手はそういうところで結果を残すのはさすがだなと思いました」と貴重な得点を生み出した打線の繋がりを称えた稲葉監督。実は、この日の打順で指揮官が「大事だと考えていた」というものがある。

 オーストラリア戦は1番に秋山を置き、そこから菊池、柳田、筒香、浅村栄斗(西武)という打順を組んだ。9番には田中広輔(広島)を置いたのだが、この9番の田中こそが、指揮官にとって「大事」だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」