野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • “速すぎる男”が超美技で大谷翔平の長打を阻止「誰からもヒットを奪いたい」

“速すぎる男”が超美技で大谷翔平の長打を阻止「誰からもヒットを奪いたい」

エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、オープン戦のレッズ戦に「2番・DH」で先発出場。打者として3試合目の出場となったが、3打数無安打に終わった。初回に放った左中間への大飛球をメジャーNO1のスピードを誇るビリー・ハミルトン外野手がスーパーキャッチ。ヒットを1本“損”する形となり、米メディアも「ハミルトンが大谷から長打を奪い去った」と伝えている。

レッズのビリー・ハミルトン【写真:Getty Images】
レッズのビリー・ハミルトン【写真:Getty Images】

大谷が左中間へ大飛球も…シーズン“155盗塁男”が地面スレスレでダイビングキャッチ

 エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、オープン戦のレッズ戦に「2番・DH」で先発出場。打者として3試合目の出場となったが、3打数無安打に終わった。初回に放った左中間への大飛球をメジャーNO1のスピードを誇るビリー・ハミルトン外野手がスーパーキャッチ。ヒットを1本“損”する形となり、米メディアも「ハミルトンが大谷から長打を奪い去った」と伝えている。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 初回1死走者なしで迎えた第1打席。大谷は相手先発右腕ロマノから左中間への大飛球を放った。しかし、圧倒的なスピードを誇る中堅ハミルトンが落下地点へ猛ダッシュ。最後は体を投げ出すようにして飛び込み、地面すれすれで掴み取った。スーパープレーに球場はどよめいた。

 ハミルトンは2011年にマイナー1Aでシーズン103盗塁(失敗20)を記録すると、2012年には1A+と2Aの1つのカテゴリーで計155盗塁(失敗37)という衝撃的な数字をマーク。2013年にメジャー昇格を果たし、13試合で13盗塁を記録した。その後、2014年は56盗塁、2015年は57盗塁、2016年は58盗塁、2017年は59盗塁と4シーズン連続で50盗塁以上をマーク。盗塁王こそ1度もないが、メジャー昇格後も成功率は82%を誇る。

 大谷は、このメジャー最強の韋駄天の美技で長打をもぎ取られた。米メディア「ファンラグ・スポーツ」は「ビリー・ハミルトンはショウヘイ・オオタニから長打を奪い去った」とのタイトルで取り上げ、「もしシンシナティ・レッズのビリー・ハミルトンを有名にさせることが1つあるとするならば、それは彼の猛烈なスピードだ。エンゼルスの日本人の二刀流スーパースター、ショウヘイ・オオタニはメジャーにやって来たばかりということもあり、それを分かっていなかったのかもしれない。まあ、今なら間違いなく分かっているであろうが…」と伝えている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」