野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス日本一連覇のカギを握る投打の若武者 背番号に込める思い

ソフトバンクの日本一連覇へ向けて、投打のキーマンとなるのは背番号に思いを込める2人だ。昨季、右肩の故障で13試合の登板にとどまった武田翔太投手は、今季から気持ちも新たに背番号を「18」に変更した。プロ入団時から「51」番への愛着を語っている上林誠知外野手は今季、課題の夏場を克服してレギュラー定着を狙う。

ソフトバンクの投打におけるキーマン、武田翔太(左)と上林誠知【写真提供:PLM】
ソフトバンクの投打におけるキーマン、武田翔太(左)と上林誠知【写真提供:PLM】

武田の今季目標は「18勝」、「200投球回」、「10完投」

 特別な意味を持つ番号を球団から託された選手がいれば、確かな実績と覚悟を持って、自らレギュラーナンバーを背負うことを望む選手もいる。球史においてはそれまで大きな意味の持たなかった番号を、プロ野球界の枠を超えて子どもたちの憧れに昇華させた選手もいた。初めて着用した背番号への愛着、名前との韻、心機一転、誕生日…。数字に込められるメッセージは様々だ。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 昨年、福岡ソフトバンクは度重なる主力の故障に悩まされながらも、選手層の厚さでカバーしてみせた。大詰めのクライマックスシリーズと日本シリーズでも、最後には地力で勝り「ホークス強し」を印象付けたが、2015年のような圧倒的な強さを見せつけたわけではない。

 日本一連覇へ向けて、投打のキーマンとなるのは背番号に思いを込める2人だ。昨季、右肩の故障で13試合の登板にとどまった武田翔太投手は、今季から気持ちも新たに背番号を「18」に変更した。プロ入団時から「51」番への愛着を語っている上林誠知外野手は今季、課題の夏場を克服してレギュラー定着を狙う。

「機会があって、僕自身も気持ちの切り替えがしたかった。もっと自覚も必要かなと思って『18』番に変えようかなと思いました」

 プロ野球界にとって、投手の背番号「18」は特殊な意味を持つ。その事実を、もちろん武田も重々、承知している。

「すごい選手が着けてきた番号ですし、重みを感じますね」

 今季、掲げる目標はいずれも自己最多の「18勝」、「200投球回」、「10完投」。意識が変われば、行動も変わる。自主トレでは、ハードなメニューをこなして徹底的に身体をいじめ抜いた。

「今年の自主トレでは一番の苦手分野というか、弱点を洗いざらいすべて出してやろうと思って取り組みました」

 背番号を変更したが、ピッチングそのものに大きな変化を加える予定はない。春季キャンプでは、鍛え直した身体の力を最大限に引き出せる自然体なフォームを模索した。

「だいぶいい形になっていると思います。昔というほどでもないですけど、もともとの僕の投げ方。今の身体に合った、自然体で投げられる形を追及してやっています」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」