野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 現役最多はヤクルト石川の158勝 今やNPB通算200勝投手は“絶滅危惧種“

現役最多はヤクルト石川の158勝 今やNPB通算200勝投手は“絶滅危惧種“

NPBの通算最多勝は、金田正一の400勝だ。200勝以上は24人いるが、山本昌が2008年8月4日に200勝を達成してから、大台をクリアした選手はいない。

ヤクルト・石川雅規【写真:荒川祐史】
ヤクルト・石川雅規【写真:荒川祐史】

NPB通算200勝以上は通算24人、なぜ困難になったのか

 NPBの通算最多勝は、金田正一の400勝だ。200勝以上は24人いるが、山本昌が2008年8月4日に200勝を達成してから、大台をクリアした選手はいない。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 NPB通算勝利数5傑は以下の通り。

1金田正一 400勝(1950-1969)
2米田哲也 350勝(1956-1977)
3小山正明 320勝(1953-1973)
4鈴木啓示 317勝(1966-1985)
5別所毅彦 310勝(1942-1960)

 すべて昭和の時代の投手。200勝以上の投手で、平成になって投げていたのは、224勝の工藤公康(1982-2010)、219勝の山本昌(1986-2015)、215勝の村田兆治(1968-1990)、213勝の北別府学(1976-1994)の4人だけだ。なお、日米通算では、野茂英雄(201勝)、黒田博樹(203勝)が達成している。

 昭和の時代、エース級の投手は短い登板間隔で先発していた。先発で連投することさえあった。また、救援も掛け持ちしていた。登板数が多かったので勝利数も多かったのだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」