野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • “不良債権”処理&即放出のはずが…ドジャース復帰の強打者が定位置奪取へ

“不良債権”処理&即放出のはずが…ドジャース復帰の強打者が定位置奪取へ

ブレーブスからドジャースに復帰したマット・ケンプ外野手が、レフトのレギュラーとして開幕を迎える可能性が高まっている。オフに成立したエイドリアン・ゴンザレス内野手とのトレードは“不良債権”処理のための契約と報じられ、ケンプはすぐにトレードに出されると見られていたが、オープン戦はここまで絶好調。かつてのスター選手が、輝きを放ったロサンゼルスで復活を遂げるかもしれない。

アピールを続けるドジャースのマット・ケンプ【写真:Getty Images】
アピールを続けるドジャースのマット・ケンプ【写真:Getty Images】

ドジャースに復帰したケンプ、オープン戦はOPS.999と大活躍

 ブレーブスからドジャースに復帰したマット・ケンプ外野手が、レフトのレギュラーとして開幕を迎える可能性が高まっている。オフに成立したエイドリアン・ゴンザレス内野手とのトレードは“不良債権”処理のための契約と報じられ、ケンプはすぐにトレードに出されると見られていたが、オープン戦はここまで絶好調。かつてのスター選手が、輝きを放ったロサンゼルスで復活を遂げるかもしれない。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ケンプはここまで15試合に出場し、打率.317、4本塁打、8打点をマーク。OPS(出塁率+長打率).999と好成績が並んでいる。レギュラーポジション確保に相応しい数字と言えるだろう。

 米スポーツサイト「ブリーチャー・レポート」は「MLBスプリングトレーニングでのポジション争いにおける勝者と敗者」と題して、複数球団の注目ポイントを特集する記事を掲載。ドジャースでは左翼争いが取り上げられており「12月にブレーブスからケンプを再獲得した際に、ドジャースの頭の中にはケンプをレギュラー左翼手として起用するという考えはなかったであろう」と指摘している。

 ドジャースとブレーブスのトレードは昨年12月16日に発表された。ドジャースはブレーブスからマット・ケンプ外野手をトレードで獲得し、代わりに一塁手エイドリアン・ゴンザレス、左腕スコット・カズミアー、右腕ブランドン・マッカーシー、内野手チャーリー・カルバーソンと金銭を送ることで合意。ただ、この取り引きが物議をかもした。

 4選手を放出したドジャースは、2年総額4300万ドル(約45億7000万円)の契約を残すケンプが加わったものの、今季の年俸総額がぜいたく税の対象となる1億9700万ドル(約210億円)を下回った。昨季まで5年連続で贅沢税の対象となり、毎年3000万ドル(約32億円)をペナルティーとして支払っていたが、今季課税対象から外れれば2019年以降に再び贅沢税の対象となった場合でも課税の割合が50%から20%に下がることになる。さらに、高年俸のケンプについても、引き取り手があればすぐにトレードに出すことを希望していると伝えられていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」