野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 全国の進学校への指標に 甲子園夏春出場を決めた公立高校の挑戦

全国の進学校への指標に 甲子園夏春出場を決めた公立高校の挑戦

球春到来。3月23日から甲子園球場で第90回記念センバツ高校野球大会がスタートする。ドラフト候補が多数在籍する大阪桐蔭高は史上3校目の春連覇に注目が集まり、16年の優勝校・智弁学園高も虎視眈々と上位を狙っている。今回、Full-Countでは高校野球を取材して約20年のベテラン・沢井史記者が、実力校の集まる近畿地区6校を独自の目線で紹介する。第6回は文武両道で夏春連続出場の彦根東。

彦根東は昨夏から夏春連続で甲子園出場
彦根東は昨夏から夏春連続で甲子園出場

昨夏の甲子園出場、昨秋近畿大会8強入りした彦根東

 球春到来。3月23日から甲子園球場で第90回記念センバツ高校野球大会がスタートする。ドラフト候補が多数在籍する大阪桐蔭高は史上3校目の春連覇に注目が集まり、16年の優勝校・智弁学園高も虎視眈々と上位を狙っている。今回、Full-Countでは高校野球を取材して約20年のベテラン・沢井史記者が、実力校の集まる近畿地区6校を独自の目線で紹介する。第6回は文武両道で夏春連続出場の彦根東。 

——————————————————— 

 春夏連続の甲子園出場よりも、夏春連続の甲子園出場の方が難しいとされている高校野球。彦根東は、この春その難しい夏春連続出場をチームとして初めて果たしたのだ。 

 ただ、その道のりは決して平坦ではなかった。昨夏の甲子園の2回戦で敗れた後、新チームが走り出すも、主力選手がほとんど抜け、まずはチームの骨格作りに時間がかかった。 

「去年のチームは前チームからの経験者が多かったし、すぐに各ポジションを任せられる選手がほとんどでした。でも、今年はレギュラーで残ったのは(エースの)増居(翔太)とセカンドの朝日(晴人)だけだったし、2年生でAチームにいたのも5人くらいしかいなかったんです。レギュラー云々というより、まず“誰がどこを守れるのか”と選手の特性を見極めることから始まりました」(村中隆之監督) 

 部員が2学年で47人と決して少なくはない。だが、県内屈指の進学校。野球の実力が長けた者ばかりが集まっている訳ではなく、試合に出るにしても力量を見極めなくてはいけない。そのため、彦根東では1人2ポジション以上を練習することを念頭に置いている。主に投手として試合に出ていても、中学時代に内野の経験があればノックも受ける。昨年のチームは元捕手の選手が一塁や投手を務めていた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」