野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • オープン戦の成績から探る 2018年ブレーク予報、全12球団の期待の若手は

オープン戦の成績から探る 2018年ブレーク予報、全12球団の期待の若手は

シーズンに向けた調整の場となるオープン戦期間も残り1週間を切った。各球団は選手の見極め、ふるい落としが進み、残りの期間は、シーズン本番を見据えた戦いへとシフトしていくことになるだろう。

ヤクルト・廣岡大志(左)とロッテ・平沢大河【写真:荒川祐史】
ヤクルト・廣岡大志(左)とロッテ・平沢大河【写真:荒川祐史】

12球団から1人ずつピックアップ、アピールを続けている選手は?

 シーズンに向けた調整の場となるオープン戦期間も残り1週間を切った。各球団は選手の見極め、ふるい落としが進み、残りの期間は、シーズン本番を見据えた戦いへとシフトしていくことになるだろう。 

 各球団が10試合超を戦ったオープン戦。20日終了時点で、巨人が10勝4敗で12球団でトップに立つ。その一方で、昨季のセ・リーグ王者である広島が2勝7敗2分の11位、昨季日本一のソフトバンクも引き分けを挟んで8連敗し、3勝8敗1分の10位に沈んでいる。阪神が2勝10敗1分の最下位だ。 

 ただ、オープン戦はあくまで調整の場であり、勝敗は二の次。それよりも、選手の調整がどれだけ進んでいるか、新戦力の台頭があるか、が重要なポイントとなる。そこで、オープン戦期間を見た中で、2018年の有望若手を独断で各球団1人ずつピックアップしてみよう。オープン戦の成績順に紹介していく。 

1位 巨人(14試合10勝4敗0分) 

○岡本和真(14試合50打数14安打4本塁打13打点 打率.280) 
 巨人は何と言っても“眠れる大砲”岡本だろう。智弁学園高から2014年のドラフト1位で入団した21歳が覚醒の予感を漂わせている。4本塁打はゲレーロ、レアードに次ぐ3位タイ。ほぼ毎試合のように安打を放っている。一塁は阿部慎之助、三塁はマギーと、ライバルは実力者だが、阿部がオープン戦で大不振とあり、一塁での開幕スタメンも大いにあり得るだろう。 

2位 DeNA(12試合7勝3敗2分) 

○櫻井周斗(5試合1勝0敗0セーブ 防御率0.00) 
 日大三高から2017年のドラフト5位で入団したルーキー左腕。鋭く曲がるスライダーが武器で、高校時代に早実の清宮幸太郎(日本ハム)から5打席連続三振を奪ったことでも知られる。11日のオープン戦でも清宮と対戦し、見逃し三振に仕留めた。オープン戦5試合で打たれた安打はわずか1本だけ。無失点を続けており、開幕1軍を射程に捉えてる。DeNAにはこの他にも、打率5割超、2本塁打を放っている楠本泰史をはじめ、東克樹、神里和毅、佐野恵太と楽しみな若手が多い。 

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」