野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

王者ホークス、オープン戦で異変…その強さは盤石か? 見えてきた問題点

ようやく長かった連敗を脱した。2年連続の日本一を狙うソフトバンク。20日、本拠地ヤフオクドームで戦った中日とのオープン戦、1点ビハインドの9回に中村晃のソロで追いつくと、さらに川島慶三がサヨナラ3ランを放った。最終回に一挙4得点を挙げて試合をひっくり返し、16日ぶりとなる白星をマークした。

ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】

強さ健在も…オープン戦8連敗に見るホークスの課題

 ようやく長かった連敗を脱した。2年連続の日本一を狙うソフトバンク。20日、本拠地ヤフオクドームで戦った中日とのオープン戦、1点ビハインドの9回に中村晃のソロで追いつくと、さらに川島慶三がサヨナラ3ランを放った。最終回に一挙4得点を挙げて試合をひっくり返し、16日ぶりとなる白星をマークした。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

“春の珍事”だった。3月4日の阪神戦で勝利してから、ソフトバンクは白星から見放された。1つの引き分けを挟んで、何と8連敗を喫した。オープン戦といえど、11試合を消化した時点で2勝8敗1分の11位。2013年から3位、1位、1位、3位、2位と過去5年間オープン戦でも強さを見せてきたソフトバンクにとっては、ちょっとした異変だった。

 今年のホークスは、どこかおかしいのか? そんな心配の声すらも聞こえてきそうな連敗だった。ただその実を見てみると、それほど心配するほどでもないことが分かってくる。

 昨季のソフトバンクといえば、鉄壁のリリーフ陣が最大の強みだった。6回終了時点でリードを奪っていれば、76勝3敗。モイネロ、岩嵜翔、サファテの3人を中心とした救援陣がチームを支えてきたのは、紛れもない事実だった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」