野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

新助っ人野手は「守備がちょっと深刻」 山崎武司氏が見る2018年の中日

5年連続Bクラスと低迷が続く中日は、ここまでオープン戦16試合を戦い、7勝8敗1分。6年ぶりのクライマックスシリーズ進出へ向けて、開幕までにやるべきことはまだまだ残されていそうだ。特に、ダヤン・ビシエド内野手以外はほぼ“入れ替え”状態となった助っ人をどのようにしてチームに組み込んでいくかは大きなポイントとなるだろう。

中日OBの野球解説者・山崎武司氏【写真:岩本健吾】
中日OBの野球解説者・山崎武司氏【写真:岩本健吾】

ビシエド以外はほぼ“入れ替え”、山崎武司氏が見る2018年の中日

 5年連続Bクラスと低迷が続く中日は、ここまでオープン戦16試合を戦い、7勝8敗1分。6年ぶりのクライマックスシリーズ進出へ向けて、開幕までにやるべきことはまだまだ残されていそうだ。特に、ダヤン・ビシエド内野手以外はほぼ“入れ替え”状態となった助っ人をどのようにしてチームに組み込んでいくかは大きなポイントとなるだろう。

【PR】タイガーマスクの巨人愛をDAZN(ダゾーン)でコンプリート「よく情報をチェック」

 ただ、中日OBの野球解説者、山崎武司氏は春季キャンプを視察するなど新戦力も直接チェックした上で、野手の新助っ人については「イマイチ」と“診断”。特に、守備力に不安があると指摘する。そして、チーム全体については「未知数な部分が多い」と表現した。

 助っ人の野手2人とは、ソイロ・アルモンテ、スティーブン・モヤの両外野手。アルモンテはヤンキースでもプレー経験のある28歳。一方、モヤはタイガースでプレーしていた身長201センチ、体重117キロの巨漢だ。こちらも26歳と若い。どちらもスイッチヒッターで、打撃が売りとされている。ここまでのオープン戦の成績は、アルモンテが16試合で打率.298、4本塁打、11打点。一方、モヤは14試合で打率.139、1本塁打、4打点と苦しんでいる。

 しかし、山崎氏が懸念するのは、前述した通り、守備面。「ちょっと深刻かもしれない。両方とも。アルモンテはある程度打つかもしれないけど、あの守備では守らせらることができない。ちょっと打球が横に行ったら、全部ツーベースになってしまう。(ヤクルトの)バレンティンよりも守備が酷い。バレンティンみたいにホームランを50本打ってくれればいいけど、そういうわけにはいかない。守備で心配だね。野手の外国人はちょっと大変かな、というのが今のところの印象」。守備に目を瞑っても、起用するからには圧倒的な打力を求めたいところだが、そこまでは期待できないという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」