野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オープン戦首位打者はシーズンで活躍するのか? 過去10年を振り返る

2018年のオープン戦が終了した。打率部門においては、楽天の内田が打率.386で1位に立った。まだ若い彼がシーズンでブレイクするのではと否応なしに期待が高まるが、毎年生まれるオープン戦の首位打者をさかのぼると、バラエティに富んだ面々が並んでいる。

西武・秋山翔吾【写真:編集部】
西武・秋山翔吾【写真:編集部】

今季のオープン戦首位打者は楽天・内田、打率.386をマーク

 2018年のオープン戦が終了した。打率部門においては、楽天の内田が打率.386で1位に立った。まだ若い彼がシーズンでブレイクするのではと否応なしに期待が高まるが、毎年生まれるオープン戦の首位打者をさかのぼると、バラエティに富んだ面々が並んでいる。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 そこで、今回は過去10年のオープン戦において、パ・リーグ内で首位打者に輝いた選手を紹介し、実際のシーズンでの成績と比較しながら考察を深めていきたい。

【2008年】
〇稲葉篤紀(北海道日本ハム)
オープン戦:11試合14安打2本塁打8打点 打率.400
シーズン:127試合135安打20本塁打82打点 打率.301

【2009年】
〇栗山巧(埼玉西武)
オープン戦:16試合22安打1本塁打3打点 打率.400
シーズン:140試合152安打12本塁打57打点 打率.267

【2010年】
〇G.G.佐藤(埼玉西武)
オープン戦:11試合13安打3本塁打9打点 打率.433
シーズン成績:53試合33安打6本塁打19打点 打率.204

【2011年】
〇浅村栄斗(埼玉西武)
オープン戦:9試合15安打2本塁打7打点 打率.441
シーズン:137試合117安打9本塁打45打点 打率.268

【2012年】
〇根元俊一(千葉ロッテ)
オープン戦:16試合23安打0本塁打9打点 打率.390
シーズン:133試合143安打9本塁打41打点 打率.279

【2013年】
〇ヘルマン(埼玉西武)
オープン戦:16試合16安打0本塁打8打点 打率.348
シーズン:144試合165安打4本塁打55打点 打率.319

【2014年】
〇井上晴哉(千葉ロッテ)
オープン戦:15試合20安打2本塁打7打点 打率.435
シーズン:36試合20安打2本塁打7打点 打率.211

【2015年】
〇秋山翔吾(埼玉西武)
オープン戦:11試合17安打0本塁打8打点 打率.459
シーズン:143試合216安打14本塁打55打点 打率.359

【2016年】
〇鈴木大地(千葉ロッテ)
オープン戦:16試合18安打1本塁打9打点 打率.400
シーズン:143試合143安打6本塁打61打点 打率.285

〇坂田遼(埼玉西武)
オープン戦:15試合16安打1本塁打9打点 打率.400
シーズン:45試合37安打3本塁打26打点 打率.245

【2017年】
〇中村晃(福岡ソフトバンク)
オープン戦:18試合20安打0本塁4打点 打率.370
シーズン:143試合138安打6本塁打42打点 打率.270

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」