野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

OP戦苦戦も…虎ロサリオは「めちゃくちゃいい」 山崎武司氏が成功確信するワケ

昨季は2位に入ったものの、優勝した広島には10ゲーム差をつけられた阪神。クライマックスシリーズ(CS)でも、ファーストステージでDeNAに敗れ、日本シリーズ進出はならなかった。今年が金本知憲監督の就任3年目。オープン戦は最下位に沈んだものの、リーグ制覇、そして1985年以来の日本一への期待は高まっている。鍵を握るのはやはり新戦力だろう。

山崎武司氏も活躍に太鼓判を押す阪神のウィリン・ロサリオ【写真:荒川祐史】
山崎武司氏も活躍に太鼓判を押す阪神のウィリン・ロサリオ【写真:荒川祐史】

優勝狙う阪神の鍵握る新助っ人「あれが打てんかったら“世界七不思議”」

 昨季は2位に入ったものの、優勝した広島には10ゲーム差をつけられた阪神。クライマックスシリーズ(CS)でも、ファーストステージでDeNAに敗れ、日本シリーズ進出はならなかった。今年が金本知憲監督の就任3年目。オープン戦は最下位に沈んだものの、リーグ制覇、そして1985年以来の日本一への期待は高まっている。鍵を握るのはやはり新戦力だろう。

 オフの補強の目玉は、昨年まで韓国ハンファでプレーしていたウィリン・ロサリオ内野手だ。KBOでは2シーズンで246試合に出場し、打率.330、231打点、70本塁打をマーク。メジャーでも、デビュー直後から強打の捕手として活躍し、2012年はロッキーズの球団新人記録を塗り替える28本塁打、翌2013年も21本塁打、79打点を記録した。

 確かな実績を持つ新助っ人は、オープン戦13試合で打率.143、1本塁打、4打点と結果が出ていないが、現役時代に通算403本塁打をマークした野球解説者の山崎武司氏は「めちゃくちゃいい」と絶賛。春季キャンプも視察して、その打撃を直接チェックしており、日本球界でも活躍できる打者だと太鼓判を押した。

 いったい何が目についたのか。山崎氏は「あれが打てんかったら“世界七不思議”だね。それくらいいい」とまで言い切る。

「体は大きくないけど、いいね。広角に打てる。俺が見に行った時にはいつも打っていた。タイガースは長打不足だったから、そこもいいと思う。変化球にもうまく対応するし、見逃し方もいい。打ち方に大きな“あおり”がないから、なかなかのもんだよ」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」