野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

清原、松坂はケタ違い 歴代スター選手たちも苦労した高卒1年目の難しさ

3月30日に、2018年シーズンの開幕を迎えるプロ野球。オープン戦も全日程が終わり、各球団のチーム編成も固まってきたころだろう。そんな中で注目を集めるのが、開幕1軍に割って入ってくるルーキーの存在だ。

ルーキー時代、圧巻の成績を残した中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】
ルーキー時代、圧巻の成績を残した中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】

開幕目前のプロ野球

 3月30日に、2018年シーズンの開幕を迎えるプロ野球。オープン戦も全日程が終わり、各球団のチーム編成も固まってきたころだろう。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 そんな中で注目を集めるのが、開幕1軍に割って入ってくるルーキーの存在だ。もちろん2年後、3年後、将来的に大きく成長を遂げてもらうことがチームにとって重要ではあるが、昨季の新人王に輝いた中日・京田陽太内野手や西武・源田壮亮内野手らのように、即戦力としてチームに貢献するルーキーもまた、チームにとっては大きな戦力となる。

 今季もDeNAの東克樹投手や巨人の大城卓三捕手、中日の鈴木博志投手、西武の伊藤翔投手、オリックスの田嶋大樹投手、山足達也内野手、ロッテの藤岡裕大内野手、菅野剛士外野手といった面々は、ほぼ間違いなく開幕1軍に名を連ねそうだ。彼らがどういった活躍を見せるか、楽しみだ。

 一方で、高校時代から大きな注目を集めてきた日本ハムの清宮幸太郎内野手は限局性腹膜炎で入院するなど苦しみ、ロッテの安田尚憲内野手もオープン戦で結果を残せずにファームで育成されることになった。高卒新人で開幕1軍入りの可能性を感じさせていたDeNAの櫻井周斗投手も開幕を目前にして2軍降格が決定。高卒新人の開幕1軍入りは今季はゼロとなりそうで、やはり、高卒ルーキーにとって開幕1軍は高い壁であると改めて言えるだろう。

 それでは、高卒でプロ入りし、日本のプロ野球を代表するプレーヤーへと成長を遂げた選手たちはルーキーイヤーに、どれほどの成績を残してきたのだろうか。主な高卒選手をピックアップし、それぞれの1年目の成績を振り返ってみる。まずは、すでに現役を退いた名プレーヤーたちだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」