野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

開幕へ万全仕上がりの鈴木誠也 故障からの復帰過程で見せた「凄さ」の根源

足首骨折という大怪我からの復帰を目指す広島東洋カープの鈴木誠也外野手。想像だにしなかったアクシデントで、昨季は終盤から戦線離脱を余儀なくされたが、今春のオープン戦では早くも復活の狼煙を上げている。打率.344、3本塁打、6打点という圧巻のパフォーマンスで、30日に迎える中日との開幕戦に向け、万全に仕上げた。不運な故障の影響を微塵も感じさせない“神っている男”の凄さはどこにあるのかー。

広島・鈴木誠也【写真:荒川祐史】
広島・鈴木誠也【写真:荒川祐史】

右足首骨折から復活、オープン戦は打率.344と絶好調

 足首骨折という大怪我からの復帰を目指す広島東洋カープの鈴木誠也外野手。想像だにしなかったアクシデントで、昨季は終盤から戦線離脱を余儀なくされたが、今春のオープン戦では早くも復活の狼煙を上げている。打率.344、3本塁打、6打点という圧巻のパフォーマンスで、30日に迎える中日との開幕戦に向け、万全に仕上げた。不運な故障の影響を微塵も感じさせない“神っている男”の凄さはどこにあるのか――。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 昨年8月22日、敵地でのDeNA戦でアクシデントに見舞われた。2回2死の場面、右中間に飛んできた大きな打球にジャンピングキャッチを試みたが、着地時に右足首を負傷。担架に乗せられ、退場を余儀なくされた。

 診断結果は右脛骨内果の剥離骨折。骨の接合手術とともにじん帯も修復し、鈴木の2017年シーズンは終わった。だが、離脱までの115試合で残した、打率.300、26本塁打、90打点という圧巻の活躍が認められ、2年連続でベストナインとゴールデングラブ賞に輝いた。

 大怪我を乗り越え、今季は開幕からの完全復活を期する23歳は、オープン戦で結果を残し、順調な回復をアピール。スピードとパワーを兼ね備え、その勝負強いバッティングから、緒方孝市監督に「神ってる」と呼ばれた鈴木の凄さの根源はどこにあるのだろうか。

「新井(貴浩)選手など一流どころはそうなんですけど、鈴木選手は自分の肉体の限界値というのを分かっているように思います。しかも、その限界値がとても高い。心や身体にそれなりの負荷をかけることができれば、自分の限界値が少しずつ上がる。それができる選手なので、あそこまでたどり着いたのではないでしょうか。どんな世界でも同じだと思いますが、それができない選手は消えていってしまいますが、基本的にプロのトップレベルにいる選手は、自分の限界値を越えることができる人たちだと思います。鈴木選手はその一人ですね。心も身体も強い選手です」

 こう証言したのは、広島東洋カープの石井雅也トレーナー部長だ。広島を支える41歳の大ベテラン・新井貴浩内野手と同様に、フィジカルエリートが肩を並べるプロ野球界でも、圧倒的に高い心身両面の強度が存在するという。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」