野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

打者・大谷の1年目を米記者が辛口予想「本塁打は5本未満」「時間が必要だ」

エンゼルスの大谷翔平投手はメジャー1年目のスプリングトレーニングを終えた。29日(日本時間30日)に敵地で行われる開幕戦アスレチックス戦を控える中、26日(同27日)ドジャース戦ではベテラン左腕ヒルからヒットを放つなど、徐々に調子を上げてきた。注目の“二刀流”はルーキーシーズンでどんな成績を送るのか――。大谷に2度単独インタビュー経験を持つアメリカ人記者に、“打者・大谷”の今季展望を聞いてみた。

エンゼルス・大谷翔平【写真:西山和明】
エンゼルス・大谷翔平【写真:西山和明】

ベテラン記者ブルーム氏が予想「打者としての成功はハードルが高い」

 エンゼルスの大谷翔平投手はメジャー1年目のスプリングトレーニングを終えた。29日(日本時間30日)に敵地で行われる開幕戦アスレチックス戦を控える中、26日(同27日)ドジャース戦ではベテラン左腕ヒルからヒットを放つなど、徐々に調子を上げてきた。注目の“二刀流”はルーキーシーズンでどんな成績を送るのか――。大谷に2度単独インタビュー経験を持つアメリカ人記者に、“打者・大谷”の今季展望を聞いてみた。

「ファンやメディアも今すぐという活躍を期待するが、オオタニとエンゼルスの契約は6年間ある。長期プロジェクトだ。だから、今すぐに活躍しなければいけないということではない。ファンもオオタニ自身も忍耐も必要だ」

 こう語ったのはバリー・ブルーム記者だ。昨季までMLB公式サイトの名物コラムニストとして名を馳せ、大谷が日本ハム時代に訪れたピオリアキャンプ中で2度単独インタビュー。今季からは米経済誌「フォーブス」のコラムニストに転身した。今季スプリングトレーニングでも、足繁くエンゼルスと大谷の試合に足を運んでいた。

 ピッチャー大谷の今シーズンについては「5勝8敗」という辛口予想だったが、バッター大谷についてはさらなる辛口ぶりだった。

「私は大谷の本塁打数について、投手としての勝ち星よりも少ないだろうと予想しているんだ。つまりホームランは5本未満だ。ドジャース戦でいいヒットを打ったけれど、たった1本で評価は変わらないよ。それが現時点での打者としての評価だ。チームとの約束はあるかもしれないけれど、しばらくすると、今シーズン打者として続けるのか選択の時期がやってくるかもしれない。打撃のメカニック部分にも修正が必要だろう。彼には投手として素晴らしい才能がある。性格も素晴らしい。私も彼を大いに気に入っている。投打どちらも仕上げるには、時間が必要だ」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」