野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

王者ソフトバンクが日本一連覇を狙う 故障者続出も選手層は球界ナンバーワン

ソフトバンクの2018年シーズンは3月30日、本拠地・ヤフオクドームで開幕する。昨年は、多くの離脱者を出しながらも後半戦から圧倒的な強さを見せ付けた。当然のように連覇が期待される今シーズン、ソフトバンクのキーマンたちを紹介する。

ソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】

千賀、東浜、武田、バンデンハーク…球界随一の先発陣が名を連ねる

 ソフトバンクの2018年シーズンは3月30日、本拠地・ヤフオクドームで開幕する。昨年は、多くの離脱者を出しながらも後半戦から圧倒的な強さを見せ付けた。当然のように連覇が期待される今シーズン、ソフトバンクのキーマンたちを紹介する。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 まずはリーグトップクラスの先発陣。昨季最高勝率のタイトルを手にした千賀滉大、最多勝に輝いた東浜巨の2枚看板を筆頭に、来日初2桁勝利を記録したバンデンハーク。昨季故障に泣いた武田翔太、和田毅が万全の状態でシーズンを戦えれば、リーグ連覇に大きく近づくだろう。

 中継ぎ陣では昨季、最多セーブの日本記録を更新したサファテ、最優秀中継ぎに輝いた岩崎翔の2人を軸に、4年連続50試合登板の森唯斗、勝ちパターンからロングリリーフまでこなすモイネロ、昨季フル回転した嘉弥真新也など、さすがの陣容が揃っている。

 さらに、ここに加治屋蓮、田中正義、古谷優人など若い選手が頭角を現してきた。今季も投手陣はリーグ屈指の層の厚さであることは言うまでもない。

 また、野手陣も盤石の布陣が揃っている。昨季本塁打・打点の2冠に輝いたデスパイネをはじめ、パ・リーグで唯一出塁率が4割を超えた柳田悠岐、勝負強い内川聖一のクリーンナップの得点力は他球団にとって今季も脅威になる。

 そして、注目は二塁手、右翼手のレギュラー争いである。二塁手では昨季わずか62試合の出場にとどまった本多雄一がオープン戦で猛アピール。オープン戦全16試合出場、打率.368、本塁打3本と打撃力が光った。高田知季や明石健志、川島慶三、楽天から移籍してきた西田哲朗も二塁の定位置を狙う。はたして、誰が正二塁手の座をつかむのか。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」