野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチロー“凱旋”、開幕戦後の一問一答 大歓声に「どうしたらいいのか…」

イチロー“凱旋”、開幕戦後の一問一答 大歓声に「どうしたらいいのか…」

29日(日本時間30日)の開幕戦インディアンス戦に「9番・左翼」でスタメン出場し、2打数無安打1三振という結果だったイチロー外野手。以下は試合後の一問一答。

開幕戦でスタメン出場したマリナーズ・イチロー【写真:Getty Images】
開幕戦でスタメン出場したマリナーズ・イチロー【写真:Getty Images】

本拠地の超満員の観衆が歓迎、声援は「そのまま聞こえていましたよ」

 29日(日本時間30日)の開幕戦インディアンス戦に「9番・左翼」でスタメン出場し、2打数無安打1三振という結果だったイチロー外野手。復帰後初ヒットは出なかったが、超満員となった本拠地セーフコ・フィールドのファンは背番号51に大歓声を送り続け、マリナーズは2-1で白星発進した。

 試合前の選手紹介では、この日一番の歓声を浴びながら、レッドカーペッドの上を颯爽と走って登場した背番号51。ただ、実はこの場面では細心の注意を払っていたといい、試合後には「ここで絶対ケガできないから(笑)」と冗談交じりに振り返った。さらに、本拠地の大歓迎には「この先はシアトルを離れたくないなという気持ちになりますよね」と心境を吐露。昨年のサイ・ヤング賞右腕クルーバーの前に快音を響かせることこそできなかったものの、まずまずのスタートとなった。

 以下は試合後の一問一答。

――すごい声援でしたね。

「はい」
 
――レッドカーペットの上を走っている時はどんな思いで?

「あそこは、ここで絶対ケガできないから(笑)。そっちの方がね。ここでケガしたら、洒落にならんぞと(笑)。イヤな感じの素材なんですよ。だから、そこ意識してました」
 
――1打席目も大歓声。どのように聞こえていた?

「そのまま聞こえていましたよ。ただ、どうしていいのかが難しかったですね」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」