野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス初勝利の影の貢献者 本多が残した一言「打つだけが野球じゃない」

2018年のペナントレース開幕戦。球界全体がお祭りのように沸く、華々しい1日となる。この日、2年連続の日本一を狙うソフトバンクホークスは、本拠地ヤフオクドームにオリックスを迎えた。試合が動いたのは8回、ソフトバンクの攻撃だった。

ソフトバンク・本多雄一【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・本多雄一【写真:藤浦一都】

オリックス西を相手に粘りの打席で攻める

 2018年のペナントレース開幕戦。球界全体がお祭りのように沸く、華々しい1日となる。この日、2年連続の日本一を狙うソフトバンクホークスは、本拠地ヤフオクドームにオリックスを迎えた。

【PR】タイガーマスクの巨人愛をDAZN(ダゾーン)でコンプリート「よく情報をチェック」

 試合はソフトバンク千賀滉大、オリックス西勇輝の両開幕投手による素晴らしい、ピリッと引き締まった投手戦が展開され、7回までスコアボードにはゼロが並び続けた。試合が動いたのは8回、ソフトバンクの攻撃だった。

 7回まで114球を投げていたオリックスの西だったが、8回も続投。そこをソフトバンク打線がつかまえた。先頭の上林誠知が右前安打を放って出塁すると、甲斐が送りバント。今宮が四球、本多が右前安打と繋いで1死満塁とすると、柳田が右腕の初球、高めの真っ直ぐを左中間へと弾き返した。試合を決める2点適時二塁打。ここまで好投していた西をマウンドから引きずり下ろした。

 この試合のヒーローは千賀滉大と柳田悠岐。それは間違いない。ただもう1人、殊勲の選手をあげるとするならば、それは本多雄一だ。

 この日「2番・二塁」でスタメン出場した本多は、得点を奪った8回1死一、二塁でチャンスを拡大させる右前安打を放った。これも大きかったが、それよりも大きかったのが6回、空振り三振に倒れた第3打席だ。1死一塁で打席に立つと、ファール、見逃しと2球で追い込まれた。だが、ここから5球連続ファウルで粘りに粘った。結果として空振り三振だったが、これが後に効いた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」