野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

4209日ぶり先発で踏み出した一歩 中日・松坂が歩む復活白星に続く道

胸の内からは、悔しさしか沸いてこなかった。5回8安打3失点。移籍後初登板初先発は敗戦投手という結果となった中日の松坂大輔投手。帰路に就く前に報道陣に応じた右腕は、率直な思いを明かした。

中日・松坂大輔【写真:福谷佑介】
中日・松坂大輔【写真:福谷佑介】

今季初登板は5回8安打3失点「悔しさしかないですね」

 胸の内からは、悔しさしか沸いてこなかった。5回8安打3失点。移籍後初登板初先発は敗戦投手という結果となった中日の松坂大輔投手。帰路に就く前に報道陣に応じた右腕は、率直な思いを明かした。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

「今はやっぱり勝ちにつなげられなかったことの悔しさしかないですね。(1軍で先発した感慨は)ないですね。もう過ぎたことなので」

 大観衆が詰めかけた。移籍後初登板。1軍での登板は2016年10月2日の楽天戦(コボスタ)以来、550日ぶり。国内での先発となれば、西武時代の2006年9月26日のロッテ戦以来、実に4209日ぶりのことだった。巨人ファンも含めて3万4396人がナゴヤドームに詰めかけた。本拠地開幕3連戦で最多となる来場者だった。

 大きな拍手に背中を押されて上がったマウンド。初回、先頭の立岡が放ったボテボテの二ゴロが内野安打に。その後、ゲレーロに適時打を許して先制点を奪われた。3回には無死満塁からマギーへの遊ゴロ併殺打の間に勝ち越し点を献上。岡本の遊ゴロを京田が悪送球して、さらに1失点。5回の先頭打者として打順が回ると代打が送られ、ここで降板となった。

 5回96球を投げて8安打3失点(自責点は2)。粘りのピッチングに、松坂自身は「ランナー出しながら何とか粘れたとは思うんですが、先頭バッターを出す機会が多くて。僕みたいなタイプだと球数増えてしまうので、そこをどうにかしたかったですね。反省すべき点ですね」と振り返った。

 右肩の故障に苦しみ、ソフトバンク時代の3年間、1軍登板はわずか1試合のみ。ほとんどの日々を右肩の状態をよくしようと、長く苦しい、そして先の見えないリハビリの日々に費やした。2015年夏には右肩を手術。その後は回復と悪化を繰り返した。昨季は痛みの原因が突き止められないままに日々が過ぎた。様々な人に知見を求め、いい病院がある、いい医者がいる、いい治療法があると聞けば、日本全国を飛び回った。藁にもすがる思いで、右肩の回復だけを願っていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」