野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチロー伝説から17年 米メディアが当時の証言紹介「飛んでいく音が聞こえた」

イチロー伝説から17年 米メディアが当時の証言紹介「飛んでいく音が聞こえた」

今季、マリナーズに6年ぶりに復帰したイチロー外野手。メジャー最年長野手は本塁打強奪を見せるなど、再びセーフコ・フィールドを沸かせている。このタイミングで地元メディアでは背番号51がルーキーイヤーに全米を驚かせた伝説の「レーザービーム」の記念日に再び脚光を当てている。

イチローによる伝説の「レーザービーム」の記念日に再び脚光が集まっている【写真:Getty Images】
イチローによる伝説の「レーザービーム」の記念日に再び脚光が集まっている【写真:Getty Images】

17年前の「レーザービーム」はイチロー伝説の幕開け

 今季、マリナーズに6年ぶりに復帰したイチロー外野手。メジャー最年長野手は本塁打強奪を見せるなど、再びセーフコ・フィールドを沸かせている。このタイミングで地元メディアでは背番号51がルーキーイヤーに全米を驚かせた伝説の「レーザービーム」の記念日に再び脚光を当てている。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

「イチローが2001年にマリナーズのために見せたスターウォーズのような送球」――。そう特集したのはESPNラジオシアトル電子版だった。記事では「イチロー・スズキはレジェンドの立場に足を踏み入れながらも、ポジティブな印象を残している」と評価。その上で、ルーキーイヤーの名刺がわりのスーパープレーを振り返っている。

 今回紹介されたのは、メジャー史に刻まれる名シーン。17年前の4月11日のアスレチックス戦でイチローは8回に代打でヒットを放つと、3点を奪う火付け役となりその裏に強肩を披露。1死一塁からアスレチックスの代打ラモン・ヘルナンデスがライト前ヒットを放つと、一塁走者のテレンス・ロングが三塁に猛ダッシュしたが、右翼のイチローは好送球でこれを阻止した。

 当時、試合を中継した実況は「レーザービームだ」と絶叫したことも大きな話題を呼んだ。その伝説的な場面に関し、記事では「それを見た者、もしくは実況を聞いた者は絶対に忘れることはないだろう」と振り返り、当時、地元メディアで報じられた関係者の話を紹介した。以下がその主なコメント。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」