野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • 正左翼手が復帰間近でイチローの去就どうなる? 米記者「遅かれ早かれ…」

正左翼手が復帰間近でイチローの去就どうなる? 米記者「遅かれ早かれ…」

マリナーズに6年ぶりに復帰したイチロー外野手は、ここまで9試合に出場して打率.207(29打数6安打)。開幕前の負傷を乗り越え、今季2戦目の3月31日(日本時間1日)インディアンス戦では本塁打キャッチ&マルチ安打で本拠地セーフコ・フィールドを沸かせたが、出場9試合中5試合で無安打に終わるなど波に乗り切れていない。故障していたレギュラー左翼手が復帰間近となっており、地元メディアは退団になる可能性もあると伝えている。

マリナーズ・イチロー【写真:Getty Images】
マリナーズ・イチロー【写真:Getty Images】

6年ぶりマリナーズ復帰も…「イチローとの関係の分岐点が迫ってきている」

 マリナーズに6年ぶりに復帰したイチロー外野手は、ここまで9試合に出場して打率.207(29打数6安打)。開幕前の負傷を乗り越え、今季2戦目の3月31日(日本時間1日)インディアンス戦では本塁打キャッチ&マルチ安打で本拠地セーフコ・フィールドを沸かせたが、出場9試合中5試合で無安打に終わるなど波に乗り切れていない。故障していたレギュラー左翼手が復帰間近となっており、地元メディアは退団になる可能性もあると伝えている。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 かつて地元紙「タコマ・ニューストリビューン」の名物記者だったボブ・ダットン氏は、地元ラジオ局「クレイ」の電子版に「避けることのできないイチローに関する決断がマリナーズに急速に迫っている」とのタイトルで記事を寄稿。「フランチャイズの象徴である外野手のイチローとの関係の分岐点が迫ってきている」と伝えた。

 同氏は、「小さなサンプルサイズ」と前置きした上で、開幕からチームが14試合を消化した時点でのイチローのプレーについて「かつての見事な才能に著しい陰りが見えていると言わざるをえない」と厳しく指摘。開幕を故障者リスト(DL)で迎えた正左翼手のベン・ギャメルのメジャー復帰が間近であることに触れ、今後の展望について記している。

 現在、マリナーズの外野手は右翼のハニガー、中堅のゴードン、そして左翼のイチロー、エレディアの4人体制。左翼は、相手先発が右腕だとイチロー、左腕だとエレディアという起用法になっている。

 打撃に課題があるとされている27歳のエレディアだが、ここまで24打数6安打の打率.250、2本塁打、4打点とまずまずの成績。ジェリー・ディポトGMは、ギャメル復帰後は外野手5人体制を維持する可能性に言及しているが、記事では「(ずっと)維持するのは難しい」としている。25人のアクティブ・ロースターのうち、先発投手5人、ブルペン8人という構成は変わらない可能性が高く、外野手5人体制では偏りがあるとの見方が強い。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」