野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

運命のドラフト1位指名から成功へ 篠塚和典氏を支えた長嶋監督の言葉

読売巨人軍の長い歴史の中で、屈指の好打者として絶大な人気を誇った篠塚和典氏(1992年途中までの登録名は篠塚利夫)。現役時代には高い打撃技術で安打を量産。抜群の野球センスを誇り、二塁の華麗な守備でも球場を沸かせた。その名前はファンの脳裏に深く刻まれている。

周囲の見方を変えた1981年「『やっぱり篠塚は外せない』と思わせた」

「色んなことを経験して、『さあいこう』という時に弾き出される形になりました。でも、そのときもミスターから電話がきて『腐るなよ』『チャンスは絶対にあるから』と。『だから、しっかりした練習をやっておけ』と言われたんです。実際にその1か月くらい後にチャンスが来ました」

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 巨人戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 篠塚氏のプロ野球人生において、節目節目には必ず長嶋監督の存在があった。ドラフト1位で指名し、そして、育て上げてくれた。その恩があったからこそ、篠塚氏は長嶋さんの期待に応えたい、長嶋さんの顔に泥は塗れない、という思いでキャリア序盤を過ごした。

「ずっとですね、それは。何とか恩返ししたい、と。あの時、反対した連中に『俺を取って間違いなかった』と言わせたかった。そのきっかけが81年ですよね。バッターとしては最低3割を3年打てば周りから認められる、というのが第一目標だったので。81年からそれをやって。でも、それではまだ恩返しはしてない。じゃあ、タイトルを獲ったら恩返しになるだろう。そういう思いで結局、その次の年(84年)に首位打者を獲って、これでやっと長嶋さんに少し恩返しできたなと。81、82、83年というのはある意味必死で、3割は絶対打つという。それだけでしたね。何が何でも3割は打つ、首位打者というのは頭になかった。

 だから、81年に藤田さんと争ったときは、周りの人が惜しかったとか、いろいろ言ったけど、もしあれで首位打者を獲っちゃったら、その後にああいう成績を残せたかは分からない。首位打者を獲るなんて頭にも全くなかったし。あれだけの数字(打率.357)を残して、最終的に首位打者を争うという流れの中に入れたけど、でも、『藤田さんが獲ってくれ』と思っていました。なぜなら、1年やって、すごく自信になったので、気持ちの中では『この後2、3回は(首位打者を)獲れるだろうと思ったんです。だから、本当に獲れなかったことが良かったかもしれない。悔しさは全然なかったですね。ああやって前の年に『よし次の年はセカンドで行こう』と思ったら、いきなり控えに回っちゃったし、またそういう可能性もあると思っていたけど、『やっぱり篠塚は外せない。残そう』と思わせた81年だったのではないかと思うんです」

 長嶋監督への恩返しを目標に始まった野球人生。その後、球史に名を刻む好打者となった篠塚氏は、数々の伝説を残していくことになる。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」