野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

大谷翔平、初黒星で見えたモノ 米名物コラムニストの目「価値は下がらない」

メジャー3試合目の登板で初黒星を喫したエンゼルスの大谷翔平投手。17日(日本時間18日)の本拠地レッドソックス戦では右手中指のマメの影響もあり、2回3失点で降板した。米メジャースポーツを長年取材している名物コラムニストはこの一戦をどう見たのか。二刀流右腕に対する現状の評価を聞いた。

レッドソックス戦で2回3失点で黒星を喫したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
レッドソックス戦で2回3失点で黒星を喫したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷初黒星も「価値下がらない」、米名物コラムニストが分析

 メジャー3試合目の登板で初黒星を喫したエンゼルスの大谷翔平投手。17日(日本時間18日)の本拠地レッドソックス戦では右手中指のマメの影響もあり、2回3失点で降板した。米メジャースポーツを長年取材している名物コラムニストはこの一戦をどう見たのか。二刀流右腕に対する現状の評価を聞いた。

———————————————–

「私はオオタニの不安定な投球に驚いた。彼が手のマメを悪化させていたとは分からなかった。その後の発表で、マメだということが分かって、合点がいったよ。彼の評価はレッドソックス戦で下がったか? 個人的にはそうは思わない。マメを侮っていけない。この問題を抱えている投手は自分の思い通りの投球が難しい。大体打たれてしまうものだ。だから、これで彼の評価が下がったとは思わない」

 こう話したのは、米スポーツメディア「スポーティングニュース」のジョセフ・ディポリート記者。ロサンゼルスを拠点にエンゼルスなどMLB球団や他競技の取材を展開する名物コラムニストだ。記者会見でも激しい身振り手振りとともに大谷やマイク・ソーシア監督に対して質問を飛ばしている。

 開幕から投打で際立った活躍を見せ、ア・リーグ週間最優秀選手にも選出された大谷。マメの影響で変化球の制球に苦しみ、レッドソックス打線の攻勢に3失点を喫したが、大谷の評価を損なうものではないとディポリート氏は優しい視線を注いだ。

「オオタニには投球に対するマメの影響を質問した。ファストボールもスプリットも本来のものではないと話していた。レッドソックスの打者も最初の2球程度で今日はスプリットの制球がないことを理解しただろう。最大の武器がいつもの威力がないとわかれば、速球を狙う。カウントが悪くなって、ファストボールが来るとわかれば、そこに集中する。あの試合ではレッドソックスの打者が圧倒的な優位性を手にしていた」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」