野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武特急止めたホークス石川、言葉ににじむ1軍ローテ投手の自覚

26日、ソフトバンクの石川柊太の快投が西武特急を止めた。石川は8回1失点の好投で今季3勝目。西武の連勝も9得点以上の連続試合記録も5でストップした。

ソフトバンク・石川柊太【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・石川柊太【写真:藤浦一都】

石川が西武特急止めた―内角攻めは「やらなくちゃいけないこと」

 26日、ソフトバンクの石川柊太の快投が西武特急を止めた。石川は8回1失点の好投で今季3勝目。西武の連勝も9得点以上の連続試合記録も5でストップした。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 本当に小気味のいいピッチングだった。味方の援護をもらった直後に犠飛で同点とされたが、8回を投げて失点はその1点のみ。前日に3本塁打を含む10安打、12得点を記録した西武打線を見事に支配してみせた。

「全体的に良かったです。一番良かったのは低めに投げたい時に低めにいったし、コースに投げたい時にしっかり決まったことですかね」と、石川はひょうひょうと語った。

 初回からしっかりとインコースを突いて攻める姿勢を見せていった。2回の山川穂高への死球も攻めた結果だ。

「それはやらなくちゃいけないこと。そういうのが後々、自分を助けることになるとわかっているので。山川には死球にはなっちゃいましたけど、しっかり突っ込めたし、前半しっかりインコースに突っ込めたことで後半は打ち損じもしてくれました。次回の登板にも生かしたいし、自分の投球の幅として持っておきたいところでもあります」

 5戦連続9得点以上の西武打線に対しても「意識はまったくないです。やるべきことをやる前に意識してもしょうがないので、いつも通りにやるということだけを意識しました」とのこと。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」