野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

今季ダルビッシュに何が起きているのか…MLB公式がデータ分析した3つの変化

カブスのダルビッシュ有投手が思うような結果を残せずにいる。今季はここまで4試合に先発し、勝ち星なしの2敗で防御率は6.86。まだシーズンは開幕から1か月が経ったばかり。ここから挽回する余地はいくらでもあるが、6年1億2600万ドルの大型契約を結んだだけに、周囲からは早くも厳しい声が寄せられている。

カブス・ダルビッシュ有【写真:田口有史】
カブス・ダルビッシュ有【写真:田口有史】

今季4試合に先発して未勝利、“魔の5回”を越えられず

 カブスのダルビッシュ有投手が思うような結果を残せずにいる。今季はここまで4試合に先発し、勝ち星なしの2敗で防御率は6.86。“魔の5回”をくぐり抜けられず、投球回は19回2/3と規定投球回に達していない。まだシーズンは開幕から1か月が経ったばかり。ここから挽回する余地はいくらでもあるが、6年1億2600万ドル(約137億5600万円)の大型契約を結んだだけに、周囲からは早くも厳しい声が寄せられている。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 では、実際にダルビッシュには何が起きているのだろうか。そんな疑問に答えてくれたのが、MLB公式サイトの特集だ。データ解析システム「スタットキャスト」で弾き出されたデータを基にメジャーを掘り下げていくポッドキャストを担当するマイク・ペトリエロ記者が寄稿した特集記事では、ここまで4試合で明らかに変わった3つのポイントを指摘している。

 まず1つ目は「奪三振率の低下」だ。記事によれば、ダルビッシュは2016年には対戦打者の37.1%から三振を奪っており、100イニング以上投げた投手の中では2位だった。昨年はやや低下したものの27.3%で18位。だが、今シーズンはこれまで22.8%と大幅低下で、さらに規定投球回にも達していない。到達者と比べてみても44位相当だという。

 続いては「与四球率の上昇」だ。2016年と17年に与えた四球は対戦打者の8%に満たない数字だが、今年は12%に上昇。実際、WHIP(1イニングあたりの被安打数+与四球数)を見てみると、2016年は1.12、2017年は1.16と高水準だったが、今季は1.63と大幅に上昇している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」