野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 28日から3連戦 ヤンキース地元NY紙が「逃した鬼才」大谷翔平を大特集

28日から3連戦 ヤンキース地元NY紙が「逃した鬼才」大谷翔平を大特集

エンゼルスは27日(日本時間28日)から本拠地エンゼルスタジアムにヤンキースを迎え、今季初めて対戦する。ヤンキースは大谷翔平獲得に全力を注いだが最終面接に進めなかった“苦い歴史”を持つが、ニューヨークの地元紙「ニューヨーク・ポスト」電子版では、大谷を「逃したフリーク(鬼才)」と称して大特集を組んだ。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

ヤンキースは大谷争奪戦に全力モードも“落選”

 エンゼルスは27日(日本時間28日)から本拠地エンゼルスタジアムにヤンキースを迎え、今季初めて対戦する。ヤンキースは大谷翔平獲得に全力を注いだが最終面接に進めなかった“苦い歴史”を持つが、ニューヨークの地元紙「ニューヨーク・ポスト」電子版では、大谷を「逃したフリーク(鬼才)」と称して大特集を組んだ。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 ヤンキースが大谷争奪戦で全力モードだったのは周知の事実。地元メディアは一時「大本命」と報じていたが、まさかの“落選”。その衝撃は大きく、大谷は大都市ニューヨークを恐れたに違いないと決めつけ「なんてチキンだ」と過剰反応するメディアも登場したほどだった。記事でも、この時の様子を「オオタニはヤンキースと面談すらせず、比較的地味なエンゼルスを選び、球界に衝撃を与えた」と振り返っている。

 投打の二刀流として、海を渡ったその日から日米球界の注目を一身に浴びる大谷は、オープン戦こそ苦戦したものの、3月29日(同30日)のメジャーデビュー以来、強烈なインパクトを放ち続けている。ここまで、打者としては11試合で打率.333、3本塁打、11打点と好成績を記録。投手としても防御率4.43ながら、すでに4試合に先発して2勝(1敗)をマーク。20回1/3を投げて26三振を奪いながら、与四球はわずか9つだ。4月24日(同25日)の敵地アストロズ戦では、今季メジャー先発投手で最速の101マイル(約163キロ)を叩き出すなど、「フリーク=鬼才」と呼ぶにふさわしい能力を示している。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」