野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

本拠地開幕10連勝の西武 山川、源田、浅村でパ打点ランク上位を独占

西武の勢いが止まらない。本拠地メットライフドームに戻って戦った28日の楽天戦。先発の菊池雄星投手が6回3安打無失点の好投で開幕から5戦5勝とすると、打線も浅村栄斗内野手が3ランを含む4打数4安打4打点の大暴れ。ここまで驚異的な活躍を見せている山川穂高内野手には12球団10号1番乗りとなるソロ本塁打が飛び出した。

西武の浅村栄斗、山川穂高、源田壮亮(左から)【写真:荒川祐史】
西武の浅村栄斗、山川穂高、源田壮亮(左から)【写真:荒川祐史】

山川は29打点で打点トップを独走、2位に源田と浅村が20打点で並ぶ

 西武の勢いが止まらない。本拠地メットライフドームに戻って戦った28日の楽天戦。先発の菊池雄星投手が6回3安打無失点の好投で開幕から5戦5勝とすると、打線も浅村栄斗内野手が3ランを含む4打数4安打4打点の大暴れ。ここまで驚異的な活躍を見せている山川穂高内野手には12球団10号1番乗りとなるソロ本塁打が飛び出した。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 西武戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 これで、本拠地では開幕から10連勝。本拠地開幕10連勝は球団記録をさらに更新し、12球団でも2013年の巨人以来、パ・リーグでは1965年の南海以来、54年ぶり。これで、今季の成績は17勝5敗の貯金12となった。

 西武の強さを支えるのは、その圧倒的な攻撃力だ。8点差を終盤の8、9回だけでひっくり返した4月18日の日本ハム戦から同25日のソフトバンク戦まで5戦連続9得点超という破壊力を見せつけ、22試合を終えて138得点。1試合の平均得点は6点超となり、チーム防御率4点台でも十分に戦えてしまうほどの打力を誇っている。

 その破壊力の原動力、それは上位打線だろう。4番の山川穂高の働きが大きな注目を集めているが、その前を打つ秋山翔吾、源田壮亮、浅村栄斗の存在も大きい。この1番から4番までが、他球団の投手にとってどれほどの脅威となっているだろうか。

 1番の秋山は打率.330、出塁率は4割を超えている。このリードオフマンを、後続がとにかく生かしているのだ。その証拠となるのが、源田、浅村、山川の打点である。28日の楽天戦で源田が1打点、浅村が4打点、そして山川が1打点をマークした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」