野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 平野佳寿
  • スプリットの使い手・平野佳寿に追い風 Dバックスが導入した“新兵器”とは

スプリットの使い手・平野佳寿に追い風 Dバックスが導入した“新兵器”とは

ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手はメジャー1年目の今季、ここまで中継ぎとして13試合に登板し、2勝6ホールド、防御率1.46と獅子奮迅の働きを見せている。決め球のスプリットでメジャーの強打者を撫で斬りにしているが、強豪揃いのナ・リーグ西地区で首位を独走するチームが、平野が誇る宝刀の威力を際立たせる秘密兵器を今季から導入していることが明らかになった。

防御率1.46と獅子奮迅の働きを見せているダイヤモンドバックス・平野佳寿【写真:Getty Images】
防御率1.46と獅子奮迅の働きを見せているダイヤモンドバックス・平野佳寿【写真:Getty Images】

Dバックスのホール社長が明かすヒュミドールの導入

 ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手はメジャー1年目の今季、ここまで中継ぎとして13試合に登板し、2勝6ホールド、防御率1.46と獅子奮迅の働きを見せている。決め球のスプリットでメジャーの強打者を撫で斬りにしているが、強豪揃いのナ・リーグ西地区で首位を独走するチームが、平野が誇る宝刀の威力を際立たせる秘密兵器を今季から導入していることが明らかになった。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

「ヒラノさんのスプリットは必殺の球だ! 我々は今年から球場にヒュミドール(湿度調節器)を導入しておいた。彼にとってもいいことだろう。ボールが滑りづらくなる効果もあるのではないか」

 こう語ったのはダイヤモンドバックスのデリック・ホール社長だった。本拠を置くアリゾナ州は砂漠地帯で、平野自身も「最初は喉が痛くなった」と語ったほど極度の乾燥状態にある。大気の乾燥からメジャー公式球の表面が滑りやすくなり、エンゼルスの大谷翔平投手もスプリングトレーニング中に同州テンピではスプリットの制球に苦しんでいた。

 元々NPBの公式球よりも滑りやすいとされるメジャー公式球。さらに滑りやすい状況を生むアリゾナは、スプリットやフォークを使う日本人投手にとっては鬼門とも呼べるが、今季から平野にとっては格好の秘密兵器が本拠地チェースフィールドに導入された。

 ヒュミドールとは湿度調整器のこと。今季から球場に新設された10畳程度の特別室には湿度調整器が置かれ、その中にメジャー公式球を敷き詰めて乾燥状態から防いでいるという。フライボール革命と呼ばれるほどホームラン数が激増するメジャーで、投手に不利な状況を避ける狙いもある。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」