野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • “2大スター”に続き…大谷の負傷の原因にも 米記者が「ベースの変更」提言

“2大スター”に続き…大谷の負傷の原因にも 米記者が「ベースの変更」提言

27日(日本時間28日)のヤンキース戦で走塁中に左足首を捻挫したエンゼルスの大谷翔平投手。28、29日(同29、30日)と2試合連続でスタメンから外れ、5月1日(同2日)の本拠地オリオールズ戦で予定されていた先発登板を回避することも正式決定した。

一塁ベースを踏んだ際に負傷したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
一塁ベースを踏んだ際に負傷したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷はニゴロで一塁ベースを踏んだ際に足首捻挫「変更できないのか?」

 27日(日本時間28日)のヤンキース戦で走塁中に左足首を捻挫したエンゼルスの大谷翔平投手。28、29日(同29、30日)と2試合連続でスタメンから外れ、5月1日(同2日)の本拠地オリオールズ戦で予定されていた先発登板を回避することも正式決定した。今季のメジャーリーグの主役に降りかかったアクシデントを受け、地元テレビ局の司会者がベースの素材変更を呼びかける事態となっている。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 まさかの故障だった。27日のヤンキース戦。2回の第1打席で開幕投手のセベリーノから右翼へ4号先制ソロを放っていた大谷は、5回の第2打席は二塁へのゴロに。一塁へ全力疾走したが、ヤンキース一塁手のニール・ウォーカーはベースの真ん中に立っていた。加速していた大谷は、衝突を避けるように両手を前に出しながらベースの隅を走り抜けたものの、結果として左足首を捻ってしまった。

 超満員の観衆がプレーを楽しみにしていた二刀流のスターは、負傷で2試合連続欠場。このアクシデントを受け、名物アナウンサーが声を上げた。ESPNやMLBネットワークで司会を務めるブライアン・ケニー氏が「これでマイク・トラウト、ブライス・ハーパー、そして、ショウヘイ・オオタニがベースが要因となって故障した。我々はこれを変更できないのか?」とツイッターで問題提起をしたのだ。

 この場面、大谷は走る軌道を変えながら、ベースの隅を踏んだ際に足首を痛めた。エンゼルスのマイク・ソーシア監督は、本来は二塁手のニール・ウォーカーが不慣れな一塁を守っていたためにベースの中央にいたことが故障の要因になったと指摘したが、ケニー氏はベースそのものが故障の理由だとした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」