野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • ライムスターのDJ JINが語るベイスターズ愛「経験したことのない時代に…」

ライムスターのDJ JINが語るベイスターズ愛「経験したことのない時代に…」

開幕前から主力選手の相次ぐ離脱にも関わらず、4月末時点でリーグ2位をキープする横浜DeNAベイスターズ。38年ぶりに日本一に輝いた1998年から早くも20年目を迎えたが、日本シリーズ進出を果たした昨シーズンを経て、今年はあの時代を超える黄金期の到来さえ予感さえする。そんなハマのプロ野球チームを応援する地元ミュージシャンの中でも、Rhymester(ライムスター)のDJ JINは、ホエールズ時代から横浜ひと筋。横浜大洋時代のメガホンを片手に、ベイスターズ愛を熱く語る。

横浜大洋時代のメガホンを片手に、ベイスターズ愛を熱く語ったライムスターのDJ JIN【写真:編集部】
横浜大洋時代のメガホンを片手に、ベイスターズ愛を熱く語ったライムスターのDJ JIN【写真:編集部】

「ナウなベイスターズは、もうラミレス監督に任せますよ!」

 開幕前から主力選手の相次ぐ離脱にも関わらず、4月末時点でリーグ2位をキープする横浜DeNAベイスターズ。38年ぶりに日本一に輝いた1998年から早くも20年目を迎えたが、日本シリーズ進出を果たした昨シーズンを経て、今年はあの時代を超える黄金期の到来さえ予感さえする。そんなハマのプロ野球チームを応援する地元ミュージシャンの中でも、Rhymester(ライムスター)のDJ JINは、ホエールズ時代から横浜ひと筋。横浜大洋時代のメガホンを片手に、ベイスターズ愛を熱く語る。

【PR】「DAZN」ならDeNA戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

——————————————————

 1973年に磯子区で生まれて中区で育った横浜市民の僕にとって、1978年に横浜大洋ホエールズとなって横浜スタジアムにホームを移した時の街の盛り上がりや周りの雰囲気は、幼い頃だったけれど、今でも自分の中に息づいていますね。元町、山下公園、中華街、長者町、今ならみなとみらい、そこに囲まれる形でスタジアムがあるというのは、これぞ横浜の球団という象徴的な存在です。高校の頃、そんな思い出のハマスタでビールの売り子のアルバイトもしていました。当時は缶ビールをいっぱい積んで、横浜スタジアムの急な階段を上り下りしてましたね。ある時、落合(博満)選手のホームランボールが僕の足元にどーんと飛んできて、そのシーンが一瞬「プロ野球ニュース」に映ったんですよ。なので僕の全国デビューはそこ(笑)。一番思い出深い時代はスーパーカートリオの頃と、忘れもしない1998年の優勝時。でも、ベイスターズって歴史的に常勝軍団とはほど遠くてね。なんでだろう? 選手のキャラ立ちは良かったと思うのですが、スタジアムを移して優勝まで20年もかかりましたね。

 ナウなベイスターズは、もうラミレス監督に任せますよ。それしかないです! だってそれで昨年は結果出してますから。さっきも言ったように、ベイスターズってホエールズ時代から勝って当たり前には程遠い歴史っていうんですかね。ロッテが川崎にいた頃もそうですけど、神奈川のプロ球団の裏には特殊な事情があるのか(笑)。でも、もしベイスターズが常勝軍団になっちゃったら、いったいどんな気持ちになるんだろうって想像すると緊張しますよ。一度味わってみたいですね。ここ数年は若い選手が中心となって結果を出しているので、これまでベイスターズが経験したことのない時代に足を踏み込んでいる気がします。個人的には、以前サインボールを頂いた石田健大投手には活躍を期待しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」