野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス工藤監督、大台王手で足踏みの内川に気遣い「犠飛も変わらない」

6日、ソフトバンクは2-5でオリックスに敗れ、2週連続でこのカードに負け越した。2000本安打に王手をかけていた内川聖一も5打席で3打数ノーヒットに終わり、記録達成は8日以降に持ち越しとなった。

ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】

9回は味方がつないで打席回すも…「最後の1本の難しさというところですかね」

 6日、ソフトバンクは2-5でオリックスに敗れ、2週連続でこのカードに負け越した。2000本安打に王手をかけていた内川聖一も5打席で3打数ノーヒットに終わり、記録達成は8日以降に持ち越しとなった。

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継&ソフトバンク戦見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 ゴールデンウィークの最終日、ヤフオクドームを埋めた満員のファンが期待したのは、もちろん内川の大記録達成だ。4打席目までノーヒット。9回もほぼ打席が回らないと思われたが、2死から高田知季、今宮健太、柳田悠岐が懸命につなぎ打席を回した。一発が出れば逆転サヨナラ、間を抜ければ同点という場面で、打球はライトの右へ。ヒットコースと思われた強い打球は無情にも直接ロメロのグラブに収まった。

 工藤公康監督も「いい場面でしたね。何とかみんながつないでね…。ボクはバッターじゃないので最後の1本というのはなかなかわからないところがあるんですけど、最後の1本の難しさというところですかね」とつぶやくように語るのが精一杯だった。

 第3打席では一時は同点に追いつく犠牲フライを放って、4番としての役割もきっちり果たした。それでも「そういったところはやってはくれているんですけど、本人にとっては犠牲フライもいいけど1本(ヒットが)ほしいところじゃないですか。チームにとってはそれ(犠飛)もヒットと変わらないんですけどね」と指揮官は苦しむ内川を気遣った。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」