野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平は「スポンジ」 開幕直前の“打撃改造”で成功、修正能力に称賛の声

大谷翔平は「スポンジ」 開幕直前の“打撃改造”で成功、修正能力に称賛の声

エンゼルスの大谷翔平投手は二刀流の活躍で全米にセンセーションを与えている。6日(日本時間7日)の敵地マリナーズ戦では投手として今季5度目の先発登板に臨むが、打者としては4日(同5日)の同戦で今季6度目のマルチ安打をマーク。打率.339でOPS(出塁率+長打率)は1.018とハイレベルな数字を残している。4月の月間最優秀新人にも選出された二刀流だが、米メディアでは今季序盤の開花を促した「打者・大谷」の高い“修正能力”に再びスポットライトを当てている。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

打撃コーチのアドバイスに従い開幕直前に“すり足打法”に変更

 エンゼルスの大谷翔平投手は二刀流の活躍で全米にセンセーションを与えている。6日(日本時間7日)の敵地マリナーズ戦では投手として今季5度目の先発登板に臨むが、打者としては4日(同5日)の同戦で今季6度目のマルチ安打をマーク。打率.339でOPS(出塁率+長打率)は1.018とハイレベルな数字を残している。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 4月の月間最優秀新人にも選出された二刀流だが、先日、「MLBでの二刀流の成功にショウヘイ・オオタニを導いた小さなワンステップ」と特集したのは米スポーツ専門テレビ局「ESPN」。今季序盤の開花を促した「打者・大谷」の高い“修正能力”にあらためてスポットライトを当てていた。

 スプリングトレーニングで投手として防御率27.00、打者としては打率.125と試行錯誤の日々を過ごしていた大谷だったが、開幕3日前のドジャースとのオープン戦3連戦で転機を迎えた。エンゼルスのエリック・ヒンスキー打撃コーチの打撃練習での進言で、それまでの足を上げる打法を封印。右足を地面に着けたまま、足を捻ることでタイミングを取るノーステップ打法に切り替えていた。

 記事では「この修正はメジャーリーグで100年間成し遂げられなかった偉業に挑むオオタニの冒険に真実味を与えるものとなった」と開幕直前の突貫工事の成功の意義をレポートしている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」