野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

今の西武は“史上最強打線”? 30試合で200得点超え、NPB記録更新の可能性も

獅子の勢いが止まらない。ゴールデンウィークの9連戦を終えて23勝7敗、貯金は今季最多の16。12球団でただ1チーム、まだ1桁敗戦の7敗だけしか喫しておらず、2位の日本ハムに6ゲーム差をつけて、首位を快走している。

西武の浅村栄斗、山川穂高、源田壮亮(左から)【写真:荒川祐史】
西武の浅村栄斗、山川穂高、源田壮亮(左から)【写真:荒川祐史】

1番から5番までが打率3割超え、6番外崎までが打率10位以内

 獅子の勢いが止まらない。ゴールデンウィークの9連戦を終えて23勝7敗、貯金は今季最多の16。12球団でただ1チーム、まだ1桁敗戦の7敗だけしか喫しておらず、2位の日本ハムに6ゲーム差をつけて、首位を快走している。

【PR】「DAZN」なら西武戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 2連敗で迎えた3日のオリックス戦で11安打8得点で勝利すると、4日からの楽天3連戦に3連勝。5日の試合では2回に3点、3回に4点を奪って、楽天の則本昂大をノックアウト。16安打10得点を奪い取って大勝すると、6日も打線が大爆発。3回に3本塁打で6得点を奪い、4回にも3得点。先発の藤平尚真を早々にKOし、11安打11得点で2試合続けて大勝した。

 超強力な打線が、いまの西武の好調を支えているのは周知の通り。6日の先発メンバーで見れば、1番の秋山翔吾が打率.372のハイアベレージを残しているだけでなく、2番以降も源田壮亮が.320、浅村栄斗が.312、本塁打&打点の2冠の山川穂高が.324、森友哉が.311と続く。外崎修汰の.289を挟み、栗山巧が.302、炭谷銀仁朗が.317、木村文紀が.381となっている。

 栗山、炭谷、木村文の3人は規定打席未到達ではあるものの、スタメン9人中8人が打率3割超。唯一、3割に届いていない外崎でさえ、パ・リーグ打率10傑の10位に入る成績である。とにかく、とてつもない破壊力を持った打線である。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」