野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「すいません。見てなかったんで」 快勝の楽天、岸の一言に球場大爆笑

30代のベテラン4人が試合を決めた。楽天が8日、千葉ロッテに快勝。先発の岸が7回無失点で3勝目を挙げ、チームの連敗を4で止めた。

楽天・今江年晶(左)と岸孝之【画像:(C)PLM】
楽天・今江年晶(左)と岸孝之【画像:(C)PLM】

岸が好投で3勝目「もっとたくさん勝てるように」

 30代のベテラン4人が試合を決めた。楽天が8日、千葉ロッテに快勝。先発の岸が7回無失点で3勝目を挙げ、チームの連敗を4で止めた。

【PR】「DAZN」ならプロ野球が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 安定感はこの日も健在だった。3安打無四球のゼロ行進。「先に点を取られないように、とりあえず勝ちたいという気持ちで投げました」。完封勝利を挙げた前回登板の2日北海道日本ハム戦から中5日。これで20イニングス無失点と好調を維持している。「もっとたくさん勝てるように頑張りたい」と、お立ち台で大歓声を受けた。

 この日は岸のほか、ベテラン陣が試合を引っ張った。主砲の31歳、ウィーラーが1発を含む3安打を放てば、7回1死二、三塁、34歳の今江が代打で登場し、貴重な2点適時打。そして8回1死一、二塁、この日1軍に昇格し、今季初出場となった32歳、聖澤が中越えにダメ押しの2点適時二塁打。経験豊富なベテランが、昇格即スタメンで4打数2安打と結果を残した。

 チームは5位の千葉ロッテに5ゲーム差と、まだまだ最下位脱出には厳しい道のりだ。だが、苦しい時こそ彼らの経験値が頼もしかった。

 今江は「今日の試合に酔いしれてる場合じゃないんですけど」と気を引き締め直しつつ、お立ち台では明るくスタジアムを盛り上げた。「試合中、岸に『俺が最後に打ってやるから』と言ったらホントに打っちゃった。そのエピソードを言ってくれるかと思ってたら……」。横にいた岸の「すいません。見てなかったんで」との一言にガックリ。2015年、千葉ロッテから加入した今江と、2016年、埼玉西武から移籍した岸のFAコンビの“劇場”に球場は大爆笑。こういう明るさが、チームの苦境に一番必要な要素なのかもしれない。

 岸がつくった試合を、ハーマン、松井が無失点で締めて快勝。不調が続いていた中継ぎ陣にも、希望が見えた。あとはリーグワーストとなっている打率.218の野手陣だ。ベテラン陣が結果を残したなら、内田、オコエらの若手野手陣の爆発にも期待したい。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬