野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【1軍をマクレ】「今、2軍にいることも悔しい」ロッテ20歳左腕が心に秘める勝ち気と恩義

開幕から1か月が過ぎ、勝率5割を推移しているロッテ。5月9日現在、チーム盗塁数は12球団断トツの40個を誇り、井口新監督が掲げる「走塁改革」を確実に実践している。一方、やや苦しい立ち上がりになったのが投手陣だ。チーム防御率は4.25でパ・リーグ最下位。ここからの奮起が求められるが、視点を変えて見れば、若手にはまたとないアピールのチャンスでもある。

ロッテ・成田翔【写真:佐藤直子】
ロッテ・成田翔【写真:佐藤直子】

3年目・成田翔が目指す1軍定着と1勝目、アピールポイントは「気持ちですね。今年は」

 開幕から1か月が過ぎ、勝率5割を推移しているロッテ。5月9日現在、チーム盗塁数は12球団断トツの40個を誇り、井口新監督が掲げる「走塁改革」を確実に実践している。一方、やや苦しい立ち上がりになったのが投手陣だ。チーム防御率は4.25でパ・リーグ最下位。ここからの奮起が求められるが、視点を変えて見れば、若手にはまたとないアピールのチャンスでもある。

 1軍に割って入ろうと奮闘するロッテ若手スターをご紹介する「1軍をマクレ」第2回は、期待の3年目左腕・成田翔投手にスポットライトを当てた。

――――――――――――――

 ロッテ恒例バレンタイン企画では2年連続で1位に輝いたイケメンだが、その甘いマスクとは裏腹に内面は驚くほどの負けず嫌いだ。自分のアピールポイントを聞かれると、迷いなく「気持ちの部分ですね、今年は」と言い切った。

「今、下(2軍)にいることも悔しいです。今年はやってやるぞって気持ちがあったので、こんなところにいるのはちょっと悔しいです」

 悔しいのには理由がある。1軍デビューを果たした昨年9月、4試合(2先発)に投げたが白星には手が届かなかった。プロ初戦先発となった9月29日の本拠地オリックス戦では、6回にマレーロにNPB通算10万号を献上。「勝てなかったことが悔しかった。打者のレベルが全然違ったんですけど、その壁を乗り越えて1勝しないと、さらにその先がない」と、オフは巨人の若き左腕・田口麗斗に直訴して一緒に自主トレを積み、開幕ローテ入りを目指した。

 先発投手の大半を右腕が占める中、左腕の成田が割っているチャンスはあったが仕留めきれなかった。でも、そこで気落ちするタイプではない。悔しさをエネルギーに変え、2軍マウンドでは「自分の方が上だというくらいの気持ち。上から向かって投げて行く感じ」で打者と対峙。小野晋吾2軍投手コーチ、川越英隆2軍投手コーチからも「ピッチャーはメンタルが全て」とアドバイスを受けている。今季はここまで4試合で投げて0勝1敗、防御率3.27の成績だが、数字には表れない手応えも感じている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」