野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

広島で光を放ち始めた2人の「大谷世代」 1軍定着へ今季が分岐点に?

広島の「大谷世代」が光を放ち始めている。9日のDeNA戦では鈴木誠也、高橋大樹、美間優槻の1994年生まれ、2012年ドラフト入団組が揃ってスタメン出場し、揃って安打を記録した。

広島・高橋大樹(左)と美間優槻【写真:荒川祐史】
広島・高橋大樹(左)と美間優槻【写真:荒川祐史】

2012年ドラフト組、1歩抜けた鈴木を追う高橋大と美間

 広島の「大谷世代」が光を放ち始めている。9日のDeNA戦では鈴木誠也、高橋大樹、美間優槻の1994年生まれ、2012年ドラフト入団組が揃ってスタメン出場し、揃って安打を記録した。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 改めて言うまでもないが、現時点での出世頭となっているのは鈴木だ。16年の交流戦で3戦連続決勝弾を放ってブレイクし、昨季は4番に定着してリーグ連覇の原動力となった。昨年8月に試合中の故障で戦線離脱し、今季も開幕してわずか2試合で登録抹消となったが、4月19日に復帰後は主軸としてチームの首位キープに貢献している。昨季に骨折した右足首は「今季中は100パーセント完治することは難しい」状況だが、「シーズン中は、みんなどこかしらが痛いもの。それが今回は足首になったというだけで、状態が悪い時でも試合には出ないといけない」と万全ではない状態でも、自分の役割を果たすことに全力を尽くす。

 鈴木の躍進を尻目にファームでもがき続けたのが、高橋大と美間だ。1位入団でドラフト時には2位の鈴木よりも高評価だった高橋大は、プロ2年目の14年に初の1軍昇格。交流戦で指名打者として2試合にスタメン出場したが、6打席無安打に終わった。入団以来、同じ外野手である鈴木を常にライバル視していたが、鈴木の大活躍で徐々にその名前を口にすることは少なくなっていった。

 4年ぶりの1軍出場を果たした今季は、開幕からファームで打率.370、4本塁打、10打点の好成績を残し、4月24日に1軍昇格。龍谷大平安高の大先輩である衣笠祥雄氏の追悼試合となった30日の阪神戦に、故障した丸に代わってセンター、打順は7番でスタメン出場すると、第1打席で阪神先発の岩貞からレフト前にプロ初安打を記録。6回にもレフトへ安打を放った。「やっと打てた。めっちゃ嬉しいです」と試合後、笑顔を見せると、「ファームでずっとやってきたことを出すことができた」と苦労人らしいコメントを残した。

 5月3日の巨人戦でも第1打席に二塁打を放つなど、アピールは続いた。この日はセンターの守備で好プレーを見せるなど、守備面でも光るものを見せている。「試合前に純さん(廣瀬コーチ)に、このバッターはこんな打球が来ると、話を聞いていた」と、ディフェンス面の意識も高い。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」