野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

連覇に向けて早くも正念場? 波乗れぬ王者ホークスの苦しいチーム事情

王者が正念場に立たされている。20日、敵地ZOZOマリンスタジアムでのロッテ戦に4-8で敗れたソフトバンク。これで今季初の4連敗となり、このカードが始まる前までは全勝していたロッテにカード3連敗。ここ数年、得意としていたロッテ戦だったが、5年ぶりに3タテを食わされた。

ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】

20日のロッテ戦に敗れ4連敗、40試合消化時点で貯金2は工藤体制最少

 王者が正念場に立たされている。20日、敵地ZOZOマリンスタジアムでのロッテ戦に4-8で敗れたソフトバンク。これで今季初の4連敗となり、このカードが始まる前までは全勝していたロッテにカード3連敗。ここ数年、得意としていたロッテ戦だったが、5年ぶりに3タテを食わされた。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 波に乗れない。これで首位西武との差は4.5ゲームとなった。40試合を終えて貯金は2、順位は3位だ。昨季もこの時期は2位だったとはいえ、貯金は10前後あった。ここまでの戦いぶりを見ると、昨季までの圧倒的な強さ、そして安定した戦いぶりは、今季のソフトバンクにはない。

 その原因はいくつか考えられる。まずは、故障者の多さだ。五十嵐亮太が椎間板ヘルニアでキャンプに参加できず、キャンプ中には左肩の違和感で和田毅投手が出遅れ、現在、復帰に向けて段階を進めている。高谷裕亮、栗原陵矢と捕手陣にも怪我人が続出した。シーズンに入って岩嵜翔が右肘の手術を受け、絶対的守護神のデニス・サファテは股関節の手術を受けた。

 そして、通算2000安打を達成たしたばかりの内川聖一が、左足に自打球を受けて17日に出場選手登録を抹消。その際には自打球による左脛骨内果打撲だけでなく、右膝痛を抱えたままプレーを続けていたことが明らかとなり、その治療を優先させることになった。

 さらにショッキングだったのが、先発ローテの大黒柱である千賀滉大投手が今季2度目の登録抹消だ。15日の楽天戦で7回1失点と好投して3勝目を挙げたが、その後、右肘周辺の張りが引かずに、4日経った19日に登録を抹消された。

 4月7日にも同じように右肘周辺の張りを訴えて登録を抹消され、5月1日に復帰したばかりの千賀。工藤公康監督は最短10日間での復帰メドを語ったとのことだが、2度目の故障で慎重にならざるを得ないところ。前回も軽症を見込んでいながら、結果的に復帰まで3週間を要したことを考えれば、今回も1か月前後の離脱となってもおかしくはない。何より、千賀の選手生活を考えれば、慎重に慎重を期してもらいたいところだ。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬