野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「当時の巨人に2人いた」―元Gクロマティ氏が明かす「MLBで通用した投手」

巨人史上最強の助っ人と称されるウォーレン・クロマティ氏。1984年に加入すると首位打者、MVP、ベストナインなど数々のタイトルを獲得する大活躍で一躍、人気者となった。巨人で通算779試合に出場。打率.321、171本塁打、558打点と素晴らしい成績を残した。

MLBで通用した日本人投手について語るウォーレン・クロマティ氏【写真:荒川祐史】
MLBで通用した日本人投手について語るウォーレン・クロマティ氏【写真:荒川祐史】

来日中の“G最強助っ人”が絶賛「クワタサンは“トム・シーバースタイル”」

 巨人史上最強の助っ人と称されるウォーレン・クロマティ氏。1984年に加入すると首位打者、MVP、ベストナインなど数々のタイトルを獲得する大活躍で一躍、人気者となった。巨人で通算779試合に出場。打率.321、171本塁打、558打点と素晴らしい成績を残した。

 昨年7月に宮城県石巻市で行われたリトルリーグ小学4・5年生の全国大会「MLBカップ」にゲストとして参加するために来日したクロマティ氏。今年は軟式野球の第4回「MLBドリームカップ」に参戦する「ゼビオ選抜モントリオール・エクスポズ」の監督に就任。13日に都内でトライアウトを行うなど、被災地支援や日本球界への貢献を続けている。

 来日前にはMLBモントリオール・エクスポズ(現ワシントン・ナショナルズ)でも活躍したクロマティ氏は、巨人時代の僚友との思い出を振り返り、2人の投手を称賛した。

「当時の巨人でメジャーで通用していた投手は2人います。エガワサンとクワタサンです。特にクワタサンは私の親友でしたね」

 クロマティ氏は江川卓氏と桑田真澄氏の両右腕について、メジャーレベルだったと太鼓判を押している。特に、桑田氏のピッチングにはPL学園高時代から刮目していたという。

「気に入ったのはピッチングスタイルだ。彼のスタイルはトム・シーバーを彷彿とさせる。クワタサンは“トム・シーバースタイル”だ。彼の投球の技術。アグレッシブだ。いつも、キャップを飛ばすように投げるようなスタイルだった」

 シーバーは、メッツなどでメジャー20シーズンに渡って活躍。1967年の新人王を皮切りに、サイ・ヤング賞、最多勝、最優秀防御率にともに3度輝くなど、メジャー史に残る名投手だった。クロマティ氏は、躍動感溢れる強気なピッチングを見せるPLのエースを、自身もメジャーで対戦したレジェンドと重ね合わせていた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」