野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 世代交代に負けるな 40歳過ぎても第一線で戦う球界の偉大なベテランたち

世代交代に負けるな 40歳過ぎても第一線で戦う球界の偉大なベテランたち

22日に行われたプロ野球は、ベテラン選手たちの活躍が目立った。横浜では、40歳となったばかりの中日・山井大介投手がDeNA戦で今季初先発マウンドに上がると、相手打線をわずか4安打に封じて完封。2014年以来4年ぶりの完封で、史上9人目となる40歳代での完封勝利という快挙も達成した。

西武・松井稼頭央、阪神・福留孝介、中日・岩瀬仁紀(左から)【写真:荒川祐史】
西武・松井稼頭央、阪神・福留孝介、中日・岩瀬仁紀(左から)【写真:荒川祐史】

現在、40歳を超えて現役を続けているのは8選手

 22日に行われたプロ野球は、ベテラン選手たちの活躍が目立った。横浜では、40歳となったばかりの中日・山井大介投手がDeNA戦で今季初先発マウンドに上がると、相手打線をわずか4安打に封じて完封。2014年以来4年ぶりの完封で、史上9人目となる40歳代での完封勝利という快挙も達成した。

【PR】「DAZN」ならプロ野球が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 そして福岡。まもなく36歳の誕生日を迎えるソフトバンクの摂津正投手は西武戦で今季初先発し、2年ぶりの勝利を掴んだ。5回を投げて5つの四球を与える苦しい投球だったが、粘りの投球で無失点。なかなか出番の巡ってこない、苦しい日々が頭をよぎったのだろうか。お立ち台では人目をはばからず涙した。

 “世代交代”、若手への切り替えが、球界の風潮としてある。時代の流れといえば、それまでだが、ただ“年齢”だけでは計ることのできないものが、プロの世界にはある。技術、経験、揺るぎないメンタル…。それを武器とし、若返りに抗いながら、40歳を過ぎても一線級でプレーを続けるベテランたちはいる。

 現在、球界でプレーを続けている40歳以上の選手は以下の8人だ。

岩瀬仁紀(中日、43歳)
14試合0勝0敗4ホールド1セーブ 防御率2.25

上原浩治(巨人、43歳)
10試合0勝2敗5ホールド0セーブ 防御率7.00

松井稼頭央(西武、42歳)
8試合13打数2安打0本塁打1打点 打率.154

福浦和也(ロッテ、42歳)
30試合71打数13安打0本塁打5打点 打率.183

新井貴浩(広島、41歳)
3試合11打数2安打0本塁打1打点 打率.182

福留孝介(阪神、41歳)
38試合125打数32安打3本塁打16打点 打率.256

荒木雅博(中日、40歳)
1軍出場なし

山井大介(中日、40歳)
1試合1勝0敗0ホールド0セーブ 防御率0.00

阿部慎之助(巨人、39歳)
21試合33打数7安打2本塁打12打点 打率.212

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」